北海道の温泉ガイド

北海道の温泉ガイドマップ 札幌市街 定山渓 稚内・利尻・礼文・豊富・苫前・留萌 網走・紋別・北見・知床・ウトロ 釧路・阿寒・川湯・根室 帯広・十勝・えりも 富良野・美瑛・トマム 旭川・層雲峡・滝川 千歳・支笏・苫小牧・夕張 小樽・余市・積丹・キロロ ニセコ・倶知安・ルスツ 函館・湯の川・大沼・奥尻 登別・洞爺・室蘭 層雲峡温泉 阿寒湖温泉 川湯温泉 定山渓温泉 十勝川温泉 登別温泉 洞爺湖温泉 湯の川温泉 ウトロ温泉 ニセコ温泉郷 朝里川温泉 北湯沢温泉 長万部温泉 青森県

行って良かった人気の温泉地 (温泉大賞調べ)

人気の旅館・ホテル

  1. 1

    あかん遊久の里鶴雅

    あかん遊久の里鶴雅
    釧路,阿寒,根室,川湯
    ★★★★★
    ★★★★★
    4.20
  2. 2

    湯の川プリンスホテル渚亭

    湯の川プリンスホテル渚亭
    函館,大沼,奥尻,湯の川
    ★★★★★
    ★★★★★
    4.30
  3. 3

    ぬくもりの宿ふる川

    ぬくもりの宿ふる川
    定山渓
    ★★★★★
    ★★★★★
    4.53

旅行ライターお薦めのモデルコースはコレ!

大人のお湯旅「定山渓温泉」

清流せせらぐ札幌の奥座敷
札幌の奥座敷といわれる定山渓は、温泉街の中心を流れる豊平川のせせらぎと、渓谷の豊かな自然が季節によって違う表情を見せ、訪れる人を和ませてくれる。美泉定山によって開発され、開湯140余年という歴史ある北海道有数の温泉地だ。

大人のお湯旅「登別温泉(北海道)」

地獄から湧く湯が登別温泉の活力源
荒々しい爆裂火口を背景にして、高層の大旅館が林立する。周囲は太古から続く原始林。自然の豊かな温泉地だ。発展の始まりは江戸時代末期。滝本金蔵という人が、妻の病を治そうと訪れたのがきっかけだった。それから約150年。いまや国内外から年間330万人が訪れる名湯である。

大人のお湯旅「道東(阿寒湖・ウトロ・網走湖)」

オホーツク圏と阿寒湖畔に湧く湯
道東を代表する国立公園の阿寒に湧く阿寒湖温泉、知床国立公園に湧くウトロ温泉、そして網走国定公園内の網走湖鶴雅温泉、大雪山国立公園の一角に湧く層雲峡温泉も加えた。

大人のお湯旅「道央(十勝・大雪山・層雲峡)」

大地の広がりに広大な北海道を見る
どこまでも続く丘、どこまでも真っ直ぐにのびる道、連なる峰を見せる山。富良野・十勝一帯は、道内でもとびきり北海道の大きさを感じさせてくれるエリアだ。その大地の恵みがお腹と心を満たし、巡る温泉の名湯が身を日常の呪縛から解き放ってくれる。

大人のお湯旅「湯の川温泉」

開湯350年を誇る函館の奥座敷
道内最古の湯の一つといわれる湯の川温泉は、承応3年(1654)に松倉川河口付近に開湯したといわれる。現在でも海に面した温泉街に約30軒のホテル・旅館が点在。津軽海峡を見わたす露天風呂、漁火が窓に映る客室、北海道ならではの海の幸が自慢の宿が多い。

大人のお湯旅「洞爺湖温泉」

洞爺湖南岸の湯と自然多き温泉
カルデラ湖としては日本で3番目に大きな湖・洞爺湖。その美しさは北海道三大景観のひとつに数えられるほど。洞爺湖温泉は湖の南岸。有珠山の北に位置する。豊かな湯量と雄大な自然に恵まれ、ホテル・旅館の数は道内随一の観光地。サミットの会場としても有名だ。

免責事項
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。