とにかく「温泉」が自慢

登別温泉ノボリベツオンセン

★★★★★
★★★★★
4.3 (2,596件)
登別温泉

北海道を代表する一大温泉地

泉質は9種類、1日1万トンという湯量の豊富さは道内一。温泉の源でもある地獄谷は火山噴火の跡で、荒々しい景観が見ものとなっている。周辺はクマ牧場など、観光施設も充実。

登別温泉
登別温泉
登別温泉

アクセス

基本情報

住所 北海道登別市登別温泉町
交通 JR室蘭本線登別駅から道南バス登別温泉行きで15分、終点下車すぐ
営業時間 通年
問い合わせ 登別観光協会(0143-84-3311)

泉質

お湯の泉質 硫黄泉(単純硫黄泉(硫化水素型)ほか)
源泉の数 30
お湯の色 (源泉により異なる)
お湯のにおい 硫黄臭(源泉により異なる)
源泉の飲泉 できません(一部可)
源泉のpH値 7.3中性
源泉の温度 98度

登別温泉で人気の旅館・ホテル

  1. 1

    第一滝本館

    第一滝本館
    洞爺,登別,室蘭
    ★★★★★
    ★★★★★
    4.11
  2. 2

    ホテルまほろば

    ホテルまほろば
    洞爺,登別,室蘭
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.94
  3. 3

    祝いの宿登別グランドホテル

    祝いの宿登別グランドホテル
    洞爺,登別,室蘭
    ★★★★★
    ★★★★★
    4.16

旅行ライターお薦めのモデルコースはコレ!

大人のお湯旅「登別温泉(北海道)」

地獄から湧く湯が登別温泉の活力源
荒々しい爆裂火口を背景にして、高層の大旅館が林立する。周囲は太古から続く原始林。自然の豊かな温泉地だ。発展の始まりは江戸時代末期。滝本金蔵という人が、妻の病を治そうと訪れたのがきっかけだった。それから約150年。いまや国内外から年間330万人が訪れる名湯である。

登別温泉に訪れた方の感想

急きょ宿探しする事になり携帯サイトで簡単に探し、何とな~く¨小ぢんまりしているのも良さそうかなぁ?¨と思い、予約せずに玉乃湯に飛び込みました。  フロントで話したところ、プラン・料金・イベントの説明を非常に丁寧にしていただけ即決しました。  いつもなら部屋食を希望するのですが、食事は会場での囲炉裏のみとの事。  部屋は歴史を感じる和室10畳+広縁2畳ですが、壁紙が張り替えられていてとても明るく、清掃も行き届いていて非常に清潔感を感じました。 ここでは男女共に浴衣か作努衣(さむえ)を選択出来ます。  風呂(全部白濁のにごり湯でかけ流し)も全4つ(男・女の大浴場が各1、男・女の露天が各1で、男の露天は7人も入れば窮屈感を感じる程のサイズですが、こちらもとてもキレイに清掃されています。  カラオケもパブもサウナもなく、売店、ラウンジも小さい宿。  総部屋数24室のこの宿、落ち着きますね。 何をするにも手頃な狭さ。  食事会場も各囲炉裏ごとに薄いロールカーテンで簡単に仕切られていて、簡易的な個室空間の様で落ち着きます。 中には堀ごたつ式もありました。  囲炉裏メニューにサイドオーダーとして白老牛をプラスしましたが、コレがまた美味い! おかげで寄せ鍋のつゆで雑炊の予定でしたが、満腹になりギブアップしました。 囲炉裏で焼く串ですが、豚肉・鶏肉のねぎま・フランクフルト・ホタテ・エビ・川魚(この時はヤマメ)の中から3本選ばせてくれます。  朝食は和食のみで御飯かお粥の選択になりますが、目でも楽しめる少量・多品目で色とりどり。  料金がとてもリーズナブルな分心配がありましたが、気配り、目配り、思いやり、全ての面で完璧だったと思います。 料金以上の満足感を得られます。  あるタイミングでサプライズがあるかも? ないかも? うちはありました。心憎いんです、コレが!  たまたまですが、宿泊日が2月3日と言う事で、食事会場に鬼の群れが乱入して来てひと暴れ(踊って)した後、『開運招福長寿』のお守りを、お客さん一人一人に手渡して立ち去りました。  これから登別に行く時には、あえて2泊目の宿として利用させてもらいます。

免責事項
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。