風情ある温泉街にある

山中温泉ヤマナカオンセン

★★★★★
★★★★★
3.7 (832件)
山中温泉

湯の中で耳に響く渓流のせせらぎ

大聖寺川の鶴仙渓に望んで旅館が並び立つ北陸随一の湯処。今から約1300年に僧行基が発見したと伝承され、松尾芭蕉が「山中や菊は手折らじ湯の匂ひ」と詠みたたえた地だ。

山中温泉
山中温泉
山中温泉

アクセス

基本情報

住所 石川県加賀市山中温泉東町ほか
交通 JR北陸本線加賀温泉駅から加賀温泉バス山中温泉行きで30分、終点下車すぐ
営業時間 通年
問い合わせ (一社)山中温泉観光協会(0761-78-0330)

泉質

お湯の泉質 その他(カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉ほか)
源泉の数 7
お湯の色 無色透明
お湯のにおい 無臭
源泉の飲泉 できます(無味)
源泉のpH値 8.57アルカリ性
源泉の温度 48.3度

山中温泉で人気の旅館・ホテル

旅行ライターお薦めのモデルコースはコレ!

大人のお湯旅「山代温泉・山中温泉」

総湯を中心とした風情漂う湯のまち
山代温泉浴殿総湯と山中温泉総湯「菊の湯」。この2つの共同浴場の存在が、両温泉の古い歴史を物語る。開湯はどちらも奈良時代という日本を代表する名湯だ。山代温泉では紅殻格子の湯宿も残り、山中温泉では名勝鶴仙渓に緑が映え、ともに独特の湯の町情緒を漂わせている。

大人のお湯旅「山代温泉・山中温泉」

総湯を中心とした風情漂う湯のまち
山代温泉浴殿総湯と山中温泉総湯「菊の湯」。この2つの共同浴場の存在が、両温泉の古い歴史を物語る。開湯はどちらも奈良時代という日本を代表する名湯だ。山代温泉では紅殻格子の湯宿も残り、山中温泉では名勝鶴仙渓に緑が映え、ともに独特の湯の町情緒を漂わせている。

山中温泉に訪れた方の感想

私のすきな温泉のひとつに 石川の山中温泉があります。 自分が住んでいるところから近いっていうのもひとつなんですが、川沿いに宿がならんでて、ゆったしたなかなか気持ちのよいところです。 温泉街はちょっとしたギャラリーがちょこちょこあって、お手軽でちょっと変わった漆器などがみられます。 今調度帰ってきたところだけど、紅葉もここら辺はまだ見られる感じ。 山中から少し車を走らせると、加賀市内に出られるし、那谷寺もなかなか素敵です。こちらは紅葉目当てで行きましたが、1週間早かったらちょうどピークだったかと。でもきれいでした。 道も整備されて、私の県の永平寺もかなり近くなりました。 石川では山代温泉がメジャーですが、山中の方が、お手ごろ価格でいけるような気がします。ちなみに最近できた、かがり吉祥亭というところはかなりよい立地条件だと思います。浴衣の柄もらべるいたいなので。私が泊まったのはちょっと違うところでしたが。 近県でしたら、日帰りでかなり楽しめると。源泉のとこがかなり安く入れます。

免責事項
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。