温泉トップ > 温泉大辞典 > 効能について(肌がつるつるになる泉質は?)

温泉トップ > 温泉大辞典 > 効能について(肌がつるつるになる泉質は?)

温泉大辞典

効能について

肌がつるつるになる泉質は?

日本三大美肌の湯とは?

温泉旅行でキレイになりたい!そんな女性におすすめなのが、「日本三大美肌の湯」。温泉旅行博士の称号を持つ藤田聡氏により「肌に対する効能がいい温泉」として選ばれた、島根県の斐乃上温泉、栃木県の喜連川温泉、佐賀県の嬉野温泉を指します。

栃木県の喜連川温泉は、昭和56年に開湯された、比較的新しい温泉です。硫黄、鉄分、塩分をバランスよく含んでいます。

島根県の斐乃上温泉は、古くから薬効高い冷泉として知られています。周囲の山々の美しい景色も楽しめます。泉質はアルカリ性単純温泉です。

佐賀県の嬉野温泉も、斐乃上温泉と同じくアルカリ性単純温泉。肥前風土記にも登場する歴史ある名湯です。最近ではバリアフリー観光地としての整備も進んでおり、年配者や障害のある人にとっても楽しめる温泉地となっています。

周辺の温泉地

おすすめコンテンツ

温泉を休養・保養・療養の場として、日数をかけて滞在して入浴することを湯治と言います・・・[続きはこちら]

効能について

温泉大辞典のトップへ戻る


特集・ランキング