温泉トップ > 温泉大辞典 > 成分・泉質について(炭酸水素塩泉って何?)

BIGLOBE
BIGLOBE 温泉旅館予約−BIGLOBE温泉

温泉トップ > 温泉大辞典 > 成分・泉質について(炭酸水素塩泉って何?)

温泉大辞典

成分・泉質について

炭酸水素塩泉って何?

炭酸水素塩泉とは

炭酸水素塩泉は「美肌の湯」「清涼の湯」と呼ばれることもある泉質です。炭酸水素塩泉は、肌の不要な角質や、毛穴の汚れを取り除くため、入るだけで石鹸で体を洗ったように体が清潔になる効果があります。この泉質はさらに、「重炭酸土類泉」と「重層泉」の2種類に分けることができます。

不要な角質を取り除く効果により、肌からの水分蒸発もしやすく乾燥しますので、入浴後早めに保湿剤を塗るなどの対応が大切となります。

炭酸水素塩泉は入浴用としてだけでなく、飲泉としても用いられます、飲泉としては、糖尿病、痛風、肝臓病など、生活習慣病に効果があります。

日本の炭酸水素塩泉としては、黒川温泉(熊本)、強羅温泉(神奈川)、天降川温泉(鹿児島)などが挙げられます。

温泉地

塩化物泉は食塩泉とも呼ばれます。日本の源泉の27%を占め・・・[続きはこちら]

成分・泉質について

温泉大辞典のトップへ戻る


温泉おすすめコラム


    > おすすめコラムをもっと見る

    特集・ランキング