温泉トップ > 温泉大辞典 > 成分・泉質について(硫黄泉とは?)

BIGLOBE BIGLOBE 温泉旅館予約−BIGLOBE温泉

温泉トップ > 温泉大辞典 > 成分・泉質について(硫黄泉とは?)

温泉大辞典

成分・泉質について

硫黄泉とは?

硫黄泉とは?

硫黄泉は、全国にある温泉のおよそ8%を占め、遊離炭酸ガスや硫化水素を含まない「硫黄泉」と、遊離硫化水素や炭酸ガスを含む「硫化水素泉」に分類されます。

適応症としては、関節症や皮膚疾患(乾癬、アトピー性湿疹、脂漏性皮膚炎、慢性湿疹)が挙げられます。そのほか、硫黄泉に入浴している際に水面から立ち上るガスを吸入すると痰の切れが良くなることから、硫黄泉は「痰の湯」と呼ばれることもあります。

硫黄泉は飲泉としても用いられています。飲用量は1日100mlまでとされています。硫黄泉の有名な温泉の一つである、川湯温泉(北海道)の飲泉には、血糖値を下げる効果があるということを、北海道大学の研究グループが発表しています。

温泉地

二酸化炭素泉は日本では温泉全体の0.6%しか存在しない、非常に少ない泉質です。炭酸飲料を・・・[続きはこちら]

成分・泉質について

温泉大辞典のトップへ戻る


温泉おすすめコラム


    > おすすめコラムをもっと見る

    特集・ランキング