駒の湯温泉コマノユオンセン

★★★★★
★★★★★
4.3 (7件)
駒の湯温泉

越後の山奥にある秘湯

温泉郷の中で最も秘湯ムードのただようランプの一軒宿。目の前に駒ヶ岳がそびえる姿は圧巻。静かな雰囲気の中、ゆっくりとくつろぎたい。

駒の湯温泉
駒の湯温泉
駒の湯温泉

アクセス

基本情報

住所 新潟県魚沼市大湯温泉
交通 JR上越線小出駅から南越後観光バス栃尾又温泉行きで27分、大湯温泉下車、タクシーで15分
営業時間 5月中旬~11月上旬
問い合わせ (一社)魚沼市観光協会(025-792-7300)

泉質

お湯の泉質 単純温泉(アルカリ性単純温泉)
源泉の数 1
お湯の色 無色透明
お湯のにおい ほのかな独特のにおい(多少の硫化水素臭あり)
源泉の飲泉 できません
源泉のpH値 8.52アルカリ性
源泉の温度 32.9度

駒の湯温泉に訪れた方の感想

関越自動車道の新潟県小出ICで降りて、奥只見方向へひたすら行くこと約1時間ちょっとの山奥にある駒の湯の「駒の湯山荘」です、ぽつんとした1軒宿で別名「ランプの宿」と呼ばれています。 宿内の内風呂のほか日帰り温泉専用の風呂場があります。(料金は一人500円です) 源泉はかなりぬるめで予想以上にぬるく初めての人はびっくりするかもしてませんが、源泉を沸かした熱い湯船もありますのでご安心ください。 温泉は無色透明で、ほとんどにおいもありませんがラジウムが多く含まれているとのことです。 周りには温泉街などのいわゆる温泉観光地ではなく、大自然に囲まれて、鳥のさえずりや風の吹く音を聞きながらぬるいお湯にゆっくりと入りリラックスできる温泉です。 但し、ここは新潟の名だたる豪雪地帯ですので冬の間は(11月頃~4月頃まで)閉鎖されてしまいます。

免責事項
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。