石臼挽きできな粉をつくり、和紙を漉く里山の休日

界 -川治- 界 -川治-

かつて「傷は川治、やけどは滝(鬼怒川)」と称された湯治場、川治温泉。
山あいの静かな湯宿の水車小屋で遊び、手漉き和紙やきな粉をつくる里山の休日を過ごしてみるのはいかがでしょうか。初春のいちご狩りも今がシーズンです。

先人の知恵を学ぶ

  • 先人の知恵を学ぶ

    ゆっくりと回る水車、紙漉きの手しごと、そして米や豆を挽く石臼挽きーー。
    かつて、日本の里山で当たり前のように暮らしの一コマとして使われていたけれど、現在は消えてしまった日常生活の知恵を体験できるのが、ここ星野リゾート 界 川治。
    どっしりと重厚な長屋門をくぐり、玄関へと続くアプローチを歩いていく途中に現れるのが大きな水車。
    そして館内では和紙や石臼挽きの体験ができます。
    失われた古き良き日本の暮らしは、私たちに忘れていた大事なものを思い出させてくれるかもしれません。

  • 昔懐かし、水車が回る風景

    水の力を活用して、田んぼに水を汲み上げたり、穀物の脱穀をしたり、石臼を回して製粉したり、製糸工場の操糸機械を動かすなど、欠かせない動力源だった水車。
    現在は生活の中で水車を見かけることがなくなっているので、かつてこの道具がどのように使われていたか、知らない人も多いかもしれません。
    「ご当地楽」では、水車が回る仕組みを小屋の内部から見学することができます。

  • お気に入りの豆を選んできなこづくり

    館内の「里山工房」には黒豆や鞍掛豆、秘伝豆など4種類の豆が置かれていて、好きな豆を選んで、自分好みのきな粉づくり体験ができます。
    石臼の素晴らしいところは、豆の旨みや栄養価を損なうことなく、そのまま粉末にできること。

    挽きたてのきな粉はふんわりと自然な甘み。すべてを手作業で行っていた先人たちの暮らしを垣間見れます。

  • オリジナル葉書を手作り

    栃木を代表する伝統工芸品である、烏山(からすやま)和紙の手漉き体験もできます。
    和紙は、今から1400年以上前に、高麗の僧・曇微が紙漉きの技術を伝えたのが始まりで、下野国は紙の産地として古くから知られていました。
    ここでは、和紙の原料となる楮(こうぞ)の繊維を水で漉いて、自分だけのオリジナル葉書を作ります。

    体験はいずれも無料。できた葉書で大切な人にお手紙を書くのも一興ですね。

アクティビティを公式で確認する

客室でも温泉でも癒しのひとときを

邪気払いの力もある!? 「野州麻紙の間」

邪気払いの力もある!?「野州和紙の間」

麻は、古来より邪気を払う力があるとされ、神社のしめ縄や神事、冠婚葬祭などに用いられてきました。
「野州麻紙」は水はけのよい砂礫地である栃木県・鹿沼地方で栽培される麻で、400年の歴史を誇ります。

最上階に7部屋ある「野州麻紙の間」は「里山の四季」をテーマに、麻紙職人・大森芳紀さんとコラボレーションし、栃木の名産品であるかんぴょうを漉き込んだタペストリーや和紙を使った「結ライト」など独特の世界観を作っています。
渓流のせせらぎを聴く 野趣あふれる露天風呂

渓流のせせらぎを聴く 野趣あふれる露天風呂

野趣あふれる露天風呂に注がれるのは、無色透明の弱アルカリ性単純温泉。
温泉はやわらかでやさしい肌触りが特徴です。
大浴場には男女とも檜の内風呂があり、男性用露天風呂は野趣あふれる岩風呂と御影石の湯殿、女性用は岩風呂と檜風呂があります。

どちらも川のせせらぎを聴きながら、開放感のある湯浴みが楽しめます。夜には瓢箪ランプのやさしい灯りが心の凝りまでゆるりとほぐしてくれるかのようです。
温泉について学ぶ「温泉いろは」

温泉について学ぶ「温泉いろは」

星野リゾート界ブランドで提唱している「うるはし現代湯治」は、温泉にどう入り、どんなくつろぎ方をすれば心身により効果的か、温泉に精通した「界の湯守り」が教えてくれます。

朝8時~8時30分に行われる「温泉いろは」に参加すれば、温泉の基礎知識や入浴方法、ストレッチのやり方などが習得できて、温泉効果が倍増すること間違いなし。
誰でも気軽に参加できますので、動きやすい格好で参加してみましょう。

里山の味覚を食し、体を整える

  • 牛と猪のコラボ鍋を味わう

    牛と猪のコラボ鍋を味わう

    夕食は栃木の里山ならではの会席料理で、川魚の刺身やきのこなど季節の味を堪能できます。
    特別会席は、「和牛と猪の味噌土手鍋会席」。
    先付やお碗、八寸などの料理はそのままに、台の物として、やわらかな肉質の牛肉とヘルシーながら鉄分やビタミンBたっぷりで栄養価の高い猪肉を味噌仕立てにした鍋が供され、体を温めてくれます。味噌で煮込むことで旨みもコクもアップして、より深い味わいに。

  • 足湯や客室でも湯浴み

    足湯や客室でも湯浴み

    朝の太陽光を浴びたら、スイッチオン。
    渓流沿いにある足湯でゆるやかに体温を上げて、体を目覚めさせましょう。
    緑を眺めながらの足湯は最高に気持ちのいいものです。大きく深呼吸すれば自然のエネルギーも補給できそう。 また、「露天風呂付き渓流和室」に宿泊すれば、男鹿川のせせらぎを聴きながらぜいたくな時間を過ごせます。
    「露天風呂付き客室」は1室のみ、定員6名で三世代旅行などにも利用できます。

  • 水車小屋でいちご摘み

    水車小屋でいちご摘み

    チェックインをしたら水車小屋の中で甘くてジューシーな「とちおとめ」のいちご摘み。
    夜は希少な新品種・まろやかな味わいの「白いちご」を使ったおしるこづくりを楽しみます。
    囲炉裏を囲んでおしるこを味わう田舎体験です。
    翌日は「朝のおめざいちご摘み」。
    湯浴みには栃木の伝統工芸品、宮染めのいちご柄手ぬぐいを持って出かけましょう。
    そんないちご三昧の「里山いちご体験」は1日1組限定です。2020年2月29日宿泊まで。

テキスト:野添ちかこ(温泉と宿のライター/旅行作家)

PICK UP REVIEWS

  • おももこさん 2019/02/10
    ★★★★★
    ★★★★★

    星野リゾートらしく、様々な体験ができるのが良いところです。
    栃木のいちごを堪能できたり、夜はお酒をゆっくり楽しめるのも素敵です。

  • ともさん 2019/01/19
    ★★★★★
    ★★★★★

    子どもが一歳になった頃に宿泊。
    ベビーバスの貸出やオムツ用ゴミ箱があり、便利でした。
    離乳食対応はしていませんでしたが、子ども用にふりかけご飯をいただきました。
    お食事処は幼い子連れのファミリーとそうでない方々でスペースが分かれていたので、少し気が楽でした。
    また、半個室のようにパーテーションで区切られているため、プライバシーが確保されます。
    室内は綺麗で、窓の外に自然が広がっているので落ち着くことができました。

  • こしとかちさん 2019/01/12
    ★★★★★
    ★★★★★

    ホテルに入った瞬間の日本らしい雰囲気と香り、スタッフの皆さんのお出迎えがとても印象深いです。
    チェックインまでの待ち時間も、ゆったりとした時間が流れるロビーで大きな窓いっぱいに見える壮大な自然を感じる事ができます。
    広く清潔感のあるお部屋からも自然がいっぱいで、川の流れの音を聞きながらリラックスして過ごすことができました。
    お料理も説明をしてくださるスタッフの方もとても丁寧で、季節のお料理を存分に堪能出来ました。
    温泉は清潔感があり、自然を感じながら心も身体も温まりました。
    あたたかいおもてなしと、美しい自然に囲まれた施設に癒され、日頃の疲れがとれました。
    また是非利用したくなるホテルです。
    そして他の星野リゾート施設にもとても興味を持ちました。

クチコミをもっと見る

Q&A

  • Q. ホテルからの送迎はありますか?

    A. はい。 野岩鉄道 会津鬼怒川線 川治湯元駅から送迎車(約5分)があります。

  • Q. ご当地部屋を希望したいのですが?

    A. ご予約時にご当地部屋をお選びください。

  • Q. 子どもや赤ちゃんは泊まれますか?

    A. はい。 お泊まりいただけます。ご家族でお越しください。お食事や寝具などのご利用に応じて宿泊料金を頂戴いたします。

  • Q. アレルギーの対応はしていますか?

    A. ご予約時にお知らせください。 できる限りアレルゲンの除去に努めた料理を提供させていただきます。

  • Q. 里山工房の体験はいつできますか?

    A. 毎日行っております。 手挽きの石臼体験は15〜20時と翌朝9〜12時。烏山和紙の手漉き体験は16〜17時(当日要予約)、いずれも無料です。