インターネットの利用に関するアンケート

三斗小屋温泉サンドゴヤオンセン

★★★★★
★★★★★
4.0 (41件)
三斗小屋温泉

万病に効くといわれた薬効高い秘境の温泉

昔から万病に効果があり「3度の飯を食わずとも治る」というところからその名がついた。茶臼岳の9合目からは2時間半歩くことになるが、山深い秘境のいで湯は格別だ。

三斗小屋温泉
三斗小屋温泉
三斗小屋温泉

アクセス

基本情報

住所 栃木県那須塩原市板室
交通 JR東北新幹線那須塩原駅から東野交通那須ロープウェイ行きバスで1時間15分、終点で那須ロープウェイに乗り換えて4分、山頂下車、徒歩2時間
営業時間 4~11月
問い合わせ 煙草屋旅館、もしくは0287-63-2988・大黒屋旅館(0287-69-0882)

泉質

お湯の泉質 単純温泉(単純温泉)
源泉の数 4
お湯の色 無色透明
お湯のにおい 無臭
源泉の飲泉 できません
源泉のpH値 6.5中性
源泉の温度 34~54度

三斗小屋温泉に訪れた方の感想

ポイントは、車では行けない秘湯!電気も来ないこの温泉はまさしく秘湯の雰囲気が残っている。歴史を感じる秘湯!江戸時代は賑わっていたが今は街道も廃れ2軒の旅館があるだけである。江戸時代に那須の裏側に街道が開かれた。会津と宇都宮を結ぶ会津西街道の宿場が三斗小屋宿である。絶景の露天風呂!宿から一段高いところに石で囲った露天風呂がある。小さい脱衣小屋があるのみで、周囲に遮るものはない。混浴。女性専用時間あり。登山客がロジングポイントとして宿泊するための宿である。日帰り入浴はなく、殆ど貸切状態で入浴できるので女性も気にせずに入れる。もっとも、登山道にある宿なので日帰り入浴が不可能。お湯をなめてみると薄い昆布茶の味がする。湯船に仕切があるので、お湯が冷めて丁度良い温度になる。ゆっくり浸かって遠くの山を見渡すと心が晴れ晴れする。内風呂も混浴。大きな湯船は三つに仕切られている。こちらも熱い源泉をうまく冷ます仕掛け。静かにお湯に浸かると、とてもくつろげる。別に女性専用の内風呂がある。ただし湯船は1畳程度。辿りついてお湯に浸かると秘湯らしくゆっくり時間が流れる。

免責事項
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。