硫黄成分でお肌つるつる

那須湯本温泉ナスユモトオンセン

★★★★★
★★★★★
4.3 (588件)
那須湯本温泉

白濁した硫黄分を含む温泉は、美肌の湯として女性に人気

100以上の源泉を持つ那須温泉の中心。鹿の湯を拠点に、周囲は旅館や民宿が林立している。硫化水素泉、酸性明ばん泉(63~80度)は胃腸病、皮膚病などに効果がある。

那須湯本温泉
那須湯本温泉
那須湯本温泉

アクセス

基本情報

住所 栃木県那須郡那須町湯本
交通 JR宇都宮線黒磯駅から東野交通那須湯本方面行きバスで35分、那須湯本下車すぐ
営業時間 通年
問い合わせ 那須温泉旅館協同組合(0287-76-2755)

泉質

お湯の泉質 その他(硫化水素塩泉)
源泉の数 8
お湯の色 無色透明
お湯のにおい (硫化水素臭)
源泉の飲泉 できません
源泉のpH値 酸性
源泉の温度 63~80度

那須湯本温泉で人気の旅館・ホテル

那須湯本温泉に訪れた方の感想

温泉旅行大好きな仲間と那須湯本温泉へ行ってきました。もちろん、お目当ては、湯治場の雰囲気が残る公共浴場「鹿の湯」。標高が800mある那須湯元は、夏でも都心のようにジトッとした暑さではなく、どこか涼やかで気持ちがいいですね。 すごく混むらしい・・・ということで朝9時には到着したのですが、30台位くらいとめられる駐車場が、ちょうど満杯に。車を止められずガッカリして、これからAどうしようかと皆で途方にくれていると、ちょうど1台車が出たので、それほど待たずに駐車できました。ホッ! 風呂から上がる待ち合わせ時間を決めて、早速、女性3人は女風呂へ。脱衣室というよりお風呂とつながっている脱衣スペースで服を脱ぎ、まずは、頭からお湯をジャンジャンかぶります。こうすると湯あたりが防げるのだそうです。畳2枚分くらいのお風呂が4つあって、それぞれ温度が違います。プーンと硫黄のにおいがして…おおでしね~。番熱いお湯は46度。ガンバって足を入れましたがやはり熱くて、しゃがんで数秒で外へ出てしまいました。 混んでいて、ここではあまりノンビリできませんね。もう少しすいていれば、もっと温泉を楽しめるのですが・・・それでも、いいお風呂でました。

免責事項
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。