板室温泉イタムロオンセン

★★★★★
★★★★★
4.0 (96件)
板室温泉

古くは「那須七湯」のひとつ、今では国民保養温泉地

約950年前に発見され、神経痛等に効能がある「下野の薬湯」と称される名湯。昭和46(1971)年には、環境や泉質に恵まれ、優れた条件を満たす温泉地として「国民保養温泉地」に指定されている。

板室温泉
板室温泉
板室温泉

アクセス

基本情報

住所 栃木県那須塩原市板室
交通 JR宇都宮線黒磯駅から東野交通板室温泉行きバスで35分、終点下車すぐ
営業時間 通年
問い合わせ 黒磯観光協会(0287-62-7155)

泉質

お湯の泉質 単純温泉(アルカリ性単純温泉ほか)
源泉の数 14
お湯の色 無色透明
お湯のにおい 無臭
源泉の飲泉 できません(無味)
源泉のpH値 9.2アルカリ性
源泉の温度 38~45度

板室温泉で人気の旅館・ホテル

板室温泉に訪れた方の感想

無色透明、ぬるめのお風呂であたたまったのか?と思うほどゆっくり浸かってものぼせません。上がると体のなかなかほんわか温まり、持続性があるので、気持ちよく眠ることができます。乾燥肌の私も肌の調子がよく、しっとりします。

免責事項
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。