とにかく料理が美味しい

会津東山温泉アイヅヒガシヤマオンセン

★★★★★
★★★★★
3.8 (494件)
会津東山温泉

文人墨客が愛した歴史ある温泉地

約1300年前、名僧行基によって発見されたと伝えられる。傷や打ち身に効能があり、戊辰戦争時には負傷した新撰組・土方歳三がここで傷を癒したといわれている。

会津東山温泉
会津東山温泉
会津東山温泉

アクセス

基本情報

住所 福島県会津若松市東山町湯本滝ノ湯110
交通 JR磐越西線会津若松駅からまちなか周遊バス「あかべぇ」で15分、東山温泉駅下車すぐ
営業時間 通年
問い合わせ 会津東山温泉観光協会(0242-27-7051)

泉質

お湯の泉質 硫酸塩泉(硫酸塩泉ほか)
源泉の数 4
お湯の色 無色透明
お湯のにおい (ほのかな硫酸臭)
源泉の飲泉 できません
源泉のpH値 弱アルカリ性
源泉の温度 50~60度

会津東山温泉で人気の旅館・ホテル

会津東山温泉に訪れた方の感想

その名の通り会津盆地,会津若松市の東側にあり,徒歩範囲から半日程度の近隣に幕末の史跡や観光施設が多いので,連泊して観光拠点とても良い。伝統的な温泉宿から,比較的近代的・リーズナブルなホテルもある。海からは遠いので海鮮料理は期待できないが,伝統的な山里の料理がある。磐梯山,猪苗代湖に寄りたいなら,自家用車で磐梯熱海ICから国道49号に降りたほうが良い。鬼怒川や大川(阿賀川)の景色を堪能したいなら,東武鬼怒川線から会津鉄道を経由するのが良い。

免責事項
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。