深耶馬溪温泉シンヤバケイオンセン

★★★★★
★★★★★
3.7 (13件)
深耶馬溪温泉

奇岩連なる深耶馬溪の最奥、山移川の清流を望む温泉

山移川沿いに奇岩が連なる景勝地、深耶馬渓に湧く。肌がスベスベになる美肌の湯としても有名で、温度は少しぬるめ。深耶馬渓探勝の基地としても便利な立地で、豊かな自然美が満喫できる。

深耶馬溪温泉
深耶馬溪温泉
深耶馬溪温泉

アクセス

基本情報

住所 大分県中津市耶馬溪町深耶馬
交通 JR久大本線豊後森駅から大交北部バス柿坂行きで25分、深耶馬溪温泉前下車すぐ、ほか
営業時間 通年
問い合わせ 中津市耶馬溪支所総務課(0979-54-3111)

泉質

お湯の泉質 単純温泉(弱アルカリ性単純温泉ほか)
源泉の数 11
お湯の色 無色透明
お湯のにおい 無臭
源泉の飲泉 できません(無味)
源泉のpH値 7.5弱アルカリ性
源泉の温度 42~43度

深耶馬溪温泉で人気の旅館・ホテル

深耶馬溪温泉に訪れた方の感想

蕎麦と温泉、「食事の方は無料(足湯100円)」店内に源泉掛け流しの温泉300円。壁がなく、柱と屋根だけの簡素な造り。三メートル四方ほどの浴槽を、丸太のベンチがコの字に囲む。こぢんまりした空間は、手作り感があって落ち着く。早速、ドライブでくたびれた、薄茶色に輝く湯船に両足を入れた。  「あ、意外とあったかい」。体温より少し温かめのお湯に、指先のむずむず感がパアーッと消え去る。両足を八の字に広げ、ひざまでどっぷりつかると、足の血管が元気よく動きだした。屋根越しには、耶馬渓の麗峰。深い緑(少し色ずき)に目を休ませ、日常を忘れた。

免責事項
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。