硫黄成分でお肌つるつる

雲仙温泉ウンゼンオンセン

★★★★★
★★★★★
4.3 (624件)
雲仙温泉

世界的に名を知られる温泉リゾートで、キリシタン殉教悲史の舞台

日本初の国立公園の雲仙は「九州の軽井沢」といわれ、昭和初期には外国人が避暑に利用していた温泉リゾート地。昔から地元の人が親しんでいる古湯、外国人が利用していた新湯、少し離れた小地獄からなる。季節ごとに表情を変える山々も見もの。

雲仙温泉
雲仙温泉
雲仙温泉

アクセス

基本情報

住所 長崎県雲仙市小浜町雲仙
交通 JR長崎本線諫早駅から島鉄バス雲仙方面行きで1時間20分、雲仙下車すぐ、ほか
営業時間 通年
問い合わせ 雲仙観光局

泉質

お湯の泉質 その他(酸性硫黄泉ほか)
源泉の数 40
お湯の色 白濁色(白色混濁)
お湯のにおい 硫黄臭
源泉の飲泉 できません(独特の味)
源泉のpH値 2.2酸性
源泉の温度 50~95度

雲仙温泉で人気の旅館・ホテル

  1. 1

    民芸モダンの宿 雲仙福田屋

    民芸モダンの宿 雲仙福田屋
    雲仙,島原
    ★★★★★
    ★★★★★
    4.53
  2. 2

    東園

    東園
    雲仙,島原
    ★★★★★
    ★★★★★
    4.48
  3. 3

    湯快リゾート 雲仙東洋館

    湯快リゾート 雲仙東洋館
    雲仙,島原
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.84

旅行ライターお薦めのモデルコースはコレ!

大人のお湯旅「雲仙温泉」

標高700mの高原に湧く名湯
標高1,300m級の雲仙岳を中心に胃袋のような形をした島原半島は、雲仙天草国立公園に指定されている風光明媚なエリア。雲仙温泉は半島の中心部、普賢岳の南に広がる高原に位置する歴史ある名湯だ。ここは明治時代には外国人の避暑地として賑わったため、瀟洒なホテルスタイルの宿も多く残っている。

雲仙温泉に訪れた方の感想

雲仙温泉の老舗、「有明ホテル」(ユウメイと読む)。「女将のおまかせコース」で一人9,800~。 夕食は部屋食でどれもおいしく、食べきれないほど。なかでも鯛しゃぶは絶品(10月上旬)。 温泉も、男女別の内湯と、大きくはないけれど渓流を見下ろす露天風呂があり24時間入浴可能。少し熱め。 老舗だけに多少の古さや、インターネット接続サービスがない点を除けば、従業員の接客態度もよく、気持ち よく対応してくれるので、日ごろの喧騒を忘れ、かえってゆったりとした時間をすごせると思う。 近くには、雲仙地獄があり、風呂上りの散歩にもちょうど良い。また国見岳ロープウェイへも近く、展望台か ら平成新山(普賢岳)をやや斜め後方からほぼ真横に望むことができ、溶岩ドームの迫力を実感できる。目を 移せば島原市街や海岸線、天草諸島も見渡すことができ、噴火跡の荒々しさと、穏やかな山海の風景を一度に 楽しむことができる。

免責事項
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:株式会社マップル 【記事の無断転用を禁じます。】