有馬温泉アリマオンセン

有馬温泉

金泉・銀泉と泉質の違う3種の湯が魅力

遠く神代にさかのぼるいわれをもち「天下一の霊泉」として名高い湯処。奈良時代に行基が温泉による病気治癒を始め、鎌倉時代には禅僧仁西が現代に引き継がれる12の坊をつくった。また太閤秀吉が造らせた「湯山御殿」の一部とみられる湯船や庭園の遺構なども残っている。

有馬温泉
有馬温泉
有馬温泉

アクセス

基本情報

住所 兵庫県神戸市北区有馬町
交通 神戸電鉄有馬線有馬温泉駅から徒歩15分
営業時間 通年
問い合わせ 有馬温泉観光総合案内所

泉質

お湯の泉質 その他([金泉]含鉄(II)-ナトリウム-塩化物強塩泉)
源泉の数 7
お湯の色 赤褐色(赤褐色不透明)
お湯のにおい 鉄サビ臭
源泉の飲泉 できます(不可の源泉もあり、強い塩味)
源泉のpH値 中性
源泉の温度 83.5~98.2度

旅行ライターお薦めのモデルコースはコレ!

大人のお湯旅「有馬温泉」

神戸から30分の都市型リゾート
1400年の歴史を持つ有馬温泉は、「日本三大古泉」「日本三大名泉」の1つとして全国にその名を馳せている指折りの湯治場。また有馬温泉の入口にあたる神戸はエキゾチックな港町。異国情緒漂う北野エリア界隈は、お洒落な異人館やビュースポットが目白押しだ。

有馬温泉に訪れた方の感想

免責事項
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:株式会社マップル 【記事の無断転用を禁じます。】