雪国の宿高半
ゆきぐにのやどたかはん
★★★★★
★★★★★
4.27(253件)クチコミ:楽天トラベル | じゃらん | 一休.com

川端康成が宿からの眺望に感動し「雪国」を書いた宿

日本旅行(赤い風船)最安値7,000円/人

飲泉できる温泉と三国山脈の眺望が自慢

自慢は飲泉できる自然湧出のかけ流し100%の温泉大浴場。そして、半露天風呂や客室から一望できる三国山脈の眺望。このすばらしい景観に感動して、文豪・川端康成は高半を舞台に小説「雪国」を書いたという。当時、川端康成が滞在した「かすみの間」は、現在も当時の面影のまま保存されている。 ■かすみの間 入館時間9:00~17:00(宿泊の方は無料)

「雪国」を執筆した部屋を再現

「卵の湯」と親しまれている高半の湯

高半の温泉は湯沢の他の源泉と異なり、約800年前に高橋半六翁が偶然発見した天然湧出の源泉。北西の高津倉山系の雨雪はおよそ半世紀かけて、地味を含み熱せられて湧き出る。泉質は無色透明、アルカリ性単純温泉で、肌がつるつるし、かすかな硫黄臭とお湯の中でとき卵を入れたような湯花が咲くことから、「卵の湯」として親しまれている。

天然湧出の源泉で肌がつるつるに

女将・スタッフから一言

湯沢温泉でもっとも古く伝統のある旅館です。高台に位置し、街が一望できる見晴らしのよさ。数々の資料を揃えた資料館もあり喜ばれています。川端康成先生が「雪国」を執筆した旅館としても有名で、ご宿泊のお客様は無料で見学できます。

※本サービスは宿泊情報の比較サービスです。掲載の情報内容でのサービス提供を保証するものではありません。サービスの仕様上、リンク先の各予約サイトの掲載内容(プラン内容、料金、空室情報、施設情報等)と一致しない場合があります。ご予約の前に必ず各予約サイトで内容をご確認ください。

※宿泊プランにより対応できるサービス範囲やご利用いただける設備等が異なることがあります。ご予約の前に必ず各予約サイトで内容をご確認ください。

空室通知を受け取りたい宿泊プランの条件を教えてください

宿泊日 (必須)

< 2018年8月 >
1
2
人(1室あたり)
※お子様も1人として設定してください

部屋

たばこ

食事

こだわり条件を指定

旅行会社を指定

  • 全選択
  • 全解除

プラン名で絞り込み

予算(1泊1人あたり)

売切れたプラン数
グラフの無い価格帯は空室が出ない可能性が高いです。
旅行会社を1つ以上選択してください。
通知設定には宿泊日を指定する必要があります。
今すぐ予約できる宿泊プランがあります。
プランを表示しないで通知設定もできます。
ご希望の条件では、プランが見つからない可能性が高いです。
通知リクエストは10件までです。
新規登録には通知の削除が必要です。
次の確認メッセージで通知の許可をお願いします
この通知はいつでも解除できます。
通知設定が完了しました
この通知はいつでも解除できます。
通知設定が完了しました
登録は10件までです。新たな登録には設定の削除が必要です。