温泉トップ > 温泉大辞典 > 温泉基礎知識(硫黄のにおいはなぜするの?)

BIGLOBE
BIGLOBE 温泉旅館予約−BIGLOBE温泉

温泉トップ > 温泉大辞典 > 温泉基礎知識(硫黄のにおいはなぜするの?)

温泉大辞典

温泉基礎知識

硫黄のにおいはなぜするの?

硫黄のニオイの素

硫黄泉の一種独特なにおいは、いかにも温泉に来たことを感じさせるもので、くつろぎを覚える人もいるのではないでしょうか?このにおいの素は、硫黄泉に含まれる硫化水素です。

硫化水素は無色の燃えやすいガスで、湧き出た直後から空気中に逃げ出します。また、循環・ろ過などの人口操作をする途中でも抜けてしまうため、浴水中にまったく存在しなくなってしまうこともあります。最近では、「硫黄泉」を泉質としてうたう温泉であっても、においがまったくしないところもあります。

高濃度の硫化水素を吸い込んでしまうと、脳の嗅覚神経が麻痺してしまい、濃度によっては数回の呼吸で意識がなくなり、場合によっては死亡してしまうこともあります。

硫化水素の毒性は強いため、入浴施設では特に喚起に最大の注意を払うことが必要で、細かい規則があります。

予算別 温泉旅館ランキング

温泉が自然湧出する際に、噴水のように勢いよく空に向かって・・・[続きはこちら]

温泉基礎知識

温泉大辞典のトップへ戻る


温泉おすすめコラム


    > おすすめコラムをもっと見る

    特集・ランキング