温泉トップ > 温泉大辞典 > 温泉地に関わる食やお土産など(温泉華・湯の華)

BIGLOBE BIGLOBE 温泉旅館予約−BIGLOBE温泉

温泉トップ > 温泉大辞典 > 温泉地に関わる食やお土産など(温泉華・湯の華)

温泉大辞典

温泉地に関わる食やお土産など

温泉華・湯の華

湯の華って何?

温泉イメージ写真 ※写真はイメージです。

温泉に含まれている様々な成分は、湧き出た後の急激な温度の低下や減圧、空気に触れることなどによる炭酸ガスの逸出や酸化、pH値の変化などによって温泉華(温泉沈殿物)をつくることがあります。これが、俗に湯の華と呼ばれるものです、

温泉成分の違いによって、硫黄華、石灰華、珪華、鉄華(褐鉄華)、硫酸塩華などがあります。

温泉地の土産物の一つに「湯の花」などの名前で販売されている入浴剤は、温泉華を使って作られた家庭用の天然入浴剤です。商品化された温泉華の入浴剤は大きく2種類に分けられます。1つは、硫黄などを多く含む温泉成分を沈殿させ、それを乾燥させて粉末にしたものです。もう1つは、太古の温泉が沈殿してできた石灰華の塊などを粉末にして、焼いたりするなどの加工をして生成したものです。

また、別府温泉(大分)の血の池地獄や、玉川温泉(秋田)などでは、温泉華で軟膏を作り、皮膚病などのための民間療法薬として販売しています。

温泉地

全国の温泉地では、温泉水の熱や成分を利用した、様々な・・・[続きはこちら]

温泉地に関わる食やお土産など

温泉大辞典のトップへ戻る


温泉おすすめコラム


    > おすすめコラムをもっと見る

    特集・ランキング