瀬見温泉セミオンセン

★★★★★
★★★★★
3.8 (16件)
瀬見温泉

弁慶、義経の伝説が残る

弁慶が義経の子に産湯を使わせたとの伝説が残り、今も湯治場の名残が漂う。床暖房で温める外湯「ふかし湯」が名物で、浴衣か着衣のまま入れる。300年の歴史を持つ和風サウナだ。

瀬見温泉
瀬見温泉
瀬見温泉

アクセス

基本情報

住所 山形県最上郡最上町大堀
交通 JR陸羽東線瀬見温泉駅から徒歩10分
営業時間 通年
問い合わせ 最上町観光協会(0233-43-2233)

泉質

お湯の泉質 硫酸塩泉(塩化物泉、単純温泉ほか)
源泉の数 1
お湯の色 無色透明
お湯のにおい 無臭
源泉の飲泉 できます(無味)
源泉のpH値 7.6弱アルカリ性
源泉の温度 68度

瀬見温泉に訪れた方の感想

山奥にある温泉です。昔、湯治場として利用されていたのでお年寄り向けの小さめの旅館が多いのですが、瀬見温泉の中でも一番大きなホテル「観松館」に泊まりました。昭和天皇も泊まったことのあるホテルのようです。リニューアルして館内がとてもきれいなので女性の方にもおすすめのホテルです。 温泉はあったまり湯なので、ちょっとつかっただけでも体がぽかぽか!お風呂からはお庭を眺めることができました。山の近くの宿なので、数多くの山菜料理を楽しむことがきる旅館です。

免責事項
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。