とにかく「温泉」が自慢

別府温泉ベップオンセン

★★★★★
★★★★★
4.7 (2,059件)
別府温泉

別府八湯の中心で北浜周辺に湧く

伊予国風土記に「速見の湯」と記されるが、本格的な温泉地となったのは江戸時代以降のこと。明治、大正、昭和と温泉街が拡大され、別府八湯の中心となった。

別府温泉
別府温泉
別府温泉

アクセス

基本情報

住所 大分県別府市北浜
交通 JR日豊本線別府駅からすぐ
営業時間 通年
問い合わせ 別府市観光協会(0977-24-2828)

泉質

お湯の泉質 単純温泉(単純温泉、塩化物泉、炭酸水素塩泉ほか)
源泉の数 --
お湯の色 無色透明
お湯のにおい 無臭(無臭ほか)
源泉の飲泉 できません(施設により異なる、無味)
源泉のpH値 中性
源泉の温度 48~60度ほか

別府温泉で人気の旅館・ホテル

  1. 1

    杉乃井ホテル

    杉乃井ホテル
    別府
    ★★★★★
    ★★★★★
    4.47
  2. 2

    AMANERESORT SEIKAI

    AMANERESORT SEIKAI
    別府
    ★★★★★
    ★★★★★
    4.47
  3. 3

    ホテル白菊

    ホテル白菊
    別府
    ★★★★★
    ★★★★★
    4.47

旅行ライターお薦めのモデルコースはコレ!

大人のお湯旅「別府温泉郷」

総湧出量は日本一泉質の良さを誇る
鉄輪(かんなわ)、明礬(みょうばん)、堀田、観海寺、浜脇、別府、柴石、亀川、別府温泉郷は別府八湯(はっとう)と呼ばれる温泉郷の集合体である。源泉の湯けむりが街のいたるところに立ち、公共浴場の数は100超。1日当たりの総湧出量は日本人全員が毎日1リットル利用できる量だ。

別府温泉に訪れた方の感想

別府の町並みを、海の沖から船で眺めると、モクモクと無数の湯けむりをあげている様子がよく見え、日本を代表する温泉地だけあって、すごいなと感じました。 別府温泉は、別府駅を中心に温泉が広がっていたのですが、温泉地だからでしょうか、都会で見る駅前の光景や慌しさというものがなく、穏やかな空気が流れていました。宿は料理とサービスで評判の「ホテル 白菊」に宿泊したのですが、やはり評判どおりの、とても美味しい料理を食べることができた上、お風呂の設備もとっても充実していて、特に露天風呂は広々としており最高に気持ちよかったです。ちなみにこちらは入浴だけの利用もできるようです。 夜、お風呂上りに外に散策してみようということになり、是非、砂湯を体験したかった私たちは、20分ほど歩いたところにある、竹瓦温泉にいってみることにしました。浴衣のまま駅前通を歩いてゆくわけですが、周辺には飲食店なども立ち並んでいてそれなりの賑わいをみせていました。竹瓦温泉に着くと暗くてよく見えなかったですが、その建物の風貌はいかにも歴史があるなという感じでした。中にはいっても味わいある雰囲気でとても情緒のようなものを感じることができ、砂湯が思っていた以上に砂が重かったことと、お風呂から上がったときに後から後から汗が吹き出てきたことが印象に残っています。ホテルのお風呂も大満足でしたが、市営の温泉を利用したのも大正解でした。

免責事項
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。