大自然が楽しめる

八幡平温泉郷ハチマンタイオンセンキョウ

★★★★★
★★★★★
5.0 (96件)
八幡平温泉郷

岩手山北麓に広がるリゾート地で高原レジャーを存分に楽しむ

夏はトレッキング冬はスキーと1年間を通してアクティブに遊べるリゾート温泉地。宿はホテル、ペンションを中心にバラエティー豊か。温泉を引湯しているペンションや民宿がほとんど。

八幡平温泉郷
八幡平温泉郷
八幡平温泉郷

アクセス

基本情報

住所 岩手県八幡平市松尾寄木
交通 JR盛岡駅から岩手県北バス八幡平ロイヤルホテル・松川温泉行きで1時間30分、各ホテル前下車すぐ
営業時間 通年
問い合わせ 八幡平市観光協会(0195-78-3500)

泉質

お湯の泉質 硫黄泉(単純硫黄泉)
源泉の数 1
お湯の色 無色透明
お湯のにおい ほのかな硫黄臭
源泉の飲泉 できません
源泉のpH値 3.5弱酸性
源泉の温度 70度

八幡平温泉郷で人気の旅館・ホテル

八幡平温泉郷に訪れた方の感想

東北にある玉川温泉、秋田・岩手の県境にまたがる八幡平(火山)の秋田側に位置し、山中の一軒宿だったが、多様な泉質と豊富な湯量と効能から、本格的湯治場として人気が高く、長期で滞在する湯治客も多い。きわめて宿泊の予約が入れにくいため、1998年に同経営の「新玉川温泉」が玉川温泉から徒歩10分程の所に、さらに2004年には別経営の宿「ぶなの森玉川温泉 湯治館そよ風」が新玉川温泉の近くに開業している。湯治向きの玉川温泉に対して、新玉川温泉は観光客向けに作られている。玉川温泉と新玉川温泉とでは、新玉川の湯の方が刺激も少なく入りやすい。これは、源泉から長距離引湯している影響である。特に有名なのが、この温泉と台湾の北投温泉にだけ存在する北投石(ほくとうせき)。しばしばマスコミにも報道されている。 温泉地には地熱の高い地獄地帯が存在し、岩盤浴が名物である。多くの人がゴザを引いて岩盤浴を行う光景が見られる。

免責事項
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。