硫黄成分でお肌つるつる

雌阿寒温泉メアカンオンセン

★★★★★
★★★★★
4.0 (7件)
雌阿寒温泉

雌阿寒岳登山口のいで湯は効能が評判の湯治場

雌阿寒岳の北西麓に位置する。アカエゾマツの原生林に囲まれ、素朴な湯治場の雰囲気。硫黄臭が強いが効能も確かと評判である。

雌阿寒温泉
雌阿寒温泉
雌阿寒温泉

アクセス

基本情報

住所 北海道足寄郡足寄町足寄
交通 道東自動車道足寄ICから国道241号をオンネトー方面へ車で48km
営業時間 通年
問い合わせ 足寄町経済課(0156-25-2141)

泉質

お湯の泉質 硫黄泉(含硫黄-カルシウム-硫酸塩泉(硫化水素型))
源泉の数 2
お湯の色 無色透明
お湯のにおい 独特のにおい
源泉の飲泉 できません(独特の味)
源泉のpH値 弱酸性
源泉の温度 43度

雌阿寒温泉に訪れた方の感想

阿寒湖の温泉街はいかにも観光地化されているが、そこから足を伸ばして雌阿寒温泉にたどり着くとまさに秘湯の 雰囲気が漂う。全て源泉掛け流しの風呂はもう典型的な硫黄泉で、石けんは使えず、タオルも役立たず、頭を洗う 用の別の水(水道水か?)があるほどで、温泉へ行って風呂に入ってゆったりしようと考えていると面食らう。 露天風呂もあるが、時期と天気と時間帯をよく読まないと凍る羽目になる。しかも男女の仕切りがほとんどその役目 を果たしていないという、全てがダイナミックな状況である。部屋は派手さはなくこぎれいにまとまっている。 アクセスは足寄からも阿寒湖方面からも行けるが、釧路から国道210号線を北に上り、阿寒湖から241号に 入るのが速い。一つ付け加えれば、翌朝ゆで卵は食べたくなくなる(朝食のメニューにはなかったが)。

免責事項
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。