大湯温泉オオユオンセン

★★★★★
★★★★★
4.3 (38件)
大湯温泉

十和田湖の南玄関口。美しい山並みに囲まれたいで湯

開湯800年という歴史を誇る古湯。藩政時代には南部藩の温泉保養地として栄えた由緒あるいで湯だ。十和田観光の拠点として親しまれ、新緑や紅葉の季節はとくににぎやか。

大湯温泉
大湯温泉
大湯温泉

アクセス

基本情報

住所 秋田県鹿角市十和田大湯
交通 JR花輪線鹿角花輪駅から秋北バスホテル鹿角行きで50分、大湯温泉下車すぐ
営業時間 通年
問い合わせ 大湯温泉観光協会(0186-37-2960)

泉質

お湯の泉質 その他(ナトリウム-塩化物泉、塩化物泉、単純温泉)
源泉の数 34
お湯の色 無色透明
お湯のにおい 無臭
源泉の飲泉 できます(ほのかな塩味)
源泉のpH値 7.8弱アルカリ性
源泉の温度 49~74度

大湯温泉で人気の旅館・ホテル

大湯温泉に訪れた方の感想

花輪から十和田湖方面へ歩いて旅旅したときのこと。なだらかな盆地から徐々にせり上がる道を進み、ストーンサークルという「奇怪」な景勝地で一休みし、台地とも高台?ともつかない、開けたような場所に出ると、そこが大湯温泉でした。 温泉地特有の、ギラギラした賑やかさはありませんが、川沿いにこじんまりと広がる温泉街には、初秋の爽やかな風が流れていました。素朴な共同浴場が4件あり、とりあえずハシゴ。かなり熱いような気がしましたが、地元のご老人は、随分と長い時間浸かっています。正直言って、3件目以降は、意識がもうろうとしました(無理しちゃいけませんね)。お湯自体は比較的澄んでいるのですが、なにやら黒いモノが浮かんでいるところもありました。でも、これは温泉の成分らしく、あまり気にする人はいません。この日の宿は、ユースホステル。ここの内湯にも、やはり黒っぽいモノが浮かんでました。

免責事項
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。