紅殻之湯温泉ベンガラノユオンセン

★★★★★
★★★★★
4.0 (1件)
紅殻之湯温泉

赤く変色するので「紅殻之湯」の名が

「レゾネイトクラブくじゅう」に湧く温泉。鉄分を多く含み、湧き出したあとに赤く変色することから、名がつけられた。その色とともに、ほのかに香る鉄サビ臭が効能の高さをうかがわせる。

紅殻之湯温泉
紅殻之湯温泉
紅殻之湯温泉

アクセス

基本情報

住所 大分県竹田市久住町有氏広内
交通 JR豊肥本線豊後竹田駅から大野竹田バス久住経由直入支所行きで20分、久住支所前下車、タクシーで15分
営業時間 通年
問い合わせ レゾネイトクラブくじゅう(0974-76-1223)

泉質

お湯の泉質 炭酸水素塩泉(ナトリウム-炭酸水素塩泉)
源泉の数 1
お湯の色 赤褐色(赤褐色不透明)
お湯のにおい ほのかな鉄サビ臭
源泉の飲泉 できません(ほのかな独特の味)
源泉のpH値 6.5中性
源泉の温度 30.4度

紅殻之湯温泉に訪れた方の感想

山小屋風なホテルで、和洋食もきめ細やかなおもてなしで、美味しい料理が楽しめます。 静寂の中で露天風呂も楽しめて、周辺散策も楽しめ、日本の良さが残っているホテルのひとつだと思います。

免責事項
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。