温泉の「泉質」が自慢

平山温泉ヒラヤマオンセン

★★★★★
★★★★★
5.0 (480件)
平山温泉

「山鹿の奥座敷」と呼ばれる温泉情緒を残す「薬効の里」

菊池川の支流、岩村川のほとりにある小さな温泉町の湯。起源は1200年前にさかのぼるほど古く、村人たちの間に流行した皮膚病をたちどころに治したという伝説が残る。

平山温泉
平山温泉
平山温泉

アクセス

基本情報

住所 熊本県山鹿市平山
交通 JR熊本駅から産交バス山鹿温泉行きで1時間20分、山鹿バスセンターで産交バス南関上町行きに乗り換えて15分、平山温泉前下車すぐ、ほか
営業時間 通年
問い合わせ 平山温泉観光協会(0968-44-0522)

泉質

お湯の泉質 硫黄泉(アルカリ性単純硫黄泉ほか)
源泉の数 30
お湯の色 無色透明
お湯のにおい ほのかな硫黄臭
源泉の飲泉 できません(施設により異なる、ほのかな独特の味)
源泉のpH値 アルカリ性
源泉の温度 40~60度

平山温泉で人気の旅館・ホテル

平山温泉に訪れた方の感想

熊本の平山温泉にある旅館「奥山鹿温泉旅館」にずいぶん前ですが宿泊しました。 料理もおいしく、料金の方も土曜日に宿泊したのにもかかわらずリーズナブルだったと思います。 従業員のかたも感じがとてもよかったのを覚えています。 でも自分がとても気に入ったのがお風呂で、広く新しいとは言えないのですが、小奇麗にしてあり、露天風呂ももちろんありました。私が止まったのはかなり前なのでもしかしたらちょっと変わっているかもしれませんが、露店が和風で、その横にまっ白い浴槽のジェットバスがあったのですが屋根がないからか開放感がすごく感じられてとても私には嬉しかったです。 でも一番気に入ったのがお湯質で肌にまとわりつくようなトロトロのお湯でした。 湯上りもしっとりで本当に良かったです。 私は時間があるかぎり温泉に入っていたようなきがします。

免責事項
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。