露天風呂でリラックスできる

きのえ温泉キノエオンセン

★★★★★
★★★★★
5.0 (29件)
きのえ温泉

瀬戸内海の真ん中、風光明媚な島の岬に湧く温泉

瀬戸内海のほぼ中央に位置し、ミカンの産地として有名な大崎上島に湧く温泉。岬の突端の小高い丘に一軒宿がある。瀬戸内の多島美、四国の石鎚山を望む絶景の露天風呂が自慢。

きのえ温泉
きのえ温泉
きのえ温泉

アクセス

基本情報

住所 広島県豊田郡大崎上島町沖浦
交通 JR呉線竹原駅から芸陽バス竹原港行きで5分、竹原港で大崎汽船・山陽商船フェリーに乗り換えて30分、白水港・垂水港下船、タクシーで15分
営業時間 通年
問い合わせ ホテル清風館(0846-62-0555)

泉質

お湯の泉質 塩化物泉(ナトリウム・カルシウム-塩化物泉)
源泉の数 1
お湯の色 無色透明
お湯のにおい 無臭
源泉の飲泉 できません(無味)
源泉のpH値 7中性
源泉の温度 22.5度

きのえ温泉で人気の旅館・ホテル

きのえ温泉に訪れた方の感想

数ある瀬戸内海に浮かぶ島々の中で、珍しく温泉が湧く島として、有名な大崎上島へ行ってきました。島へは橋が架かっていないので、私たちは安芸津から出ているフェリーに車を載せて、わずか30分ほどの航海を経て島を目指しました。道中、フェリーから眺める瀬戸内海の穏やかな海は、のんびりとした空気が漂っており、デッキに吹き込んでくるさわやかな潮風がとても気持ちがよかったです。島へ上陸後は、広々とした道路で畑や住宅街のようなところを通って、しばらく車を走らせれば海沿いの小高い丘の上に建つ、きのえ温泉「清風館」へ到着します。宿の周りには基本的に海となり、温泉地という感じではなくどちらかというと、リゾートホテルのような感じです。 広々とした感じのロビーに入ると、真っ先に瀬戸内海の光景が目に飛び込んできました。部屋からも瀬戸内海の海が眺め見ることができ、海一色といった感じです。温泉が湧く大浴場からももちろん、海を眺めることができるため、それほど大きくない大浴場や露天風呂もかなり開放的な雰囲気が漂っていて、遠くに四国まで見えると聞いた時は、すごいなぁと感じました。お湯のほうは温めなので、ゆったりと過ごせまた、お湯はかなりしょっぱかったです。夕暮れ時の瀬戸内海もすばらしく幻想的な光景を見ることが出ましたし、朝のもやがかかったような海もとても素敵でした。

免責事項
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。