とにかく「温泉」が自慢

城崎温泉キノサキオンセン

★★★★★
★★★★★
4.1 (4,033件)
城崎温泉

手軽な外湯めぐりが楽しい

島崎藤村や志賀直哉、司馬遼太郎はじめ多くの文人墨客に愛された、文学の香り高い伝統の温泉街。大谿川の両岸に旅館やみやげ物屋が軒を連ね、温泉情緒を盛り上げている。

城崎温泉
城崎温泉
城崎温泉

アクセス

基本情報

住所 兵庫県豊岡市城崎町湯島、今津
交通 JR山陰本線城崎温泉駅から徒歩15分
営業時間 通年
問い合わせ 豊岡市城崎総合支所 温泉課(0796-32-0117)

泉質

お湯の泉質 塩化物泉(ナトリウム・カルシウム-塩化物泉)
源泉の数 5
お湯の色 無色透明
お湯のにおい 無臭
源泉の飲泉 できます(ほのかな塩味)
源泉のpH値 7中性
源泉の温度 40~85度

旅行ライターお薦めのモデルコースはコレ!

大人のお湯旅「城崎温泉」

浴衣姿が似合う情緒あふれる柳並木
平安時代から知られる但馬の温泉、城崎。大谿川沿いの柳並木と木造りの建物が、否が応でも風情をかもし出す。個性あふれる七つの外湯めぐり。ここでは浴衣姿が正装。下駄の音を響かせながら、昔から変わらない日本情緒たっぷりの温泉街を、ゆっくりそぞろ歩きたい。

城崎温泉に訪れた方の感想

いくつもの温泉が近くにあり、その温泉をめぐるのが城崎温泉の楽しみ方です。 旅館には温泉がないことが多いので、宿選びはごはん中心にしました。 宿泊スケジュール的に全ての温泉を回るのはちょっと大変でしたが(どの温泉でもゆっくりしたいので)、それでも十分楽しめるような、そんな場所ではないかと思います。 有名ではありますが、立地のこともあり、ほかの温泉街(有馬など)よりも人が多すぎず、過ごしやすいように思いました。 温泉以外にも様々なグルメがあり、次の温泉に行く間にひとつ食べ、温泉に入ってまたひとつ食べ…というのをしていました。 景色も、温泉街!という感じで、すごく安らげます。 宿のお料理は、地域柄カニがメインで、とにかくふんだんにカニ料理を食べることができます。 色んな食べ方でカニを堪能できてとても満足です。

免責事項
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。