みんなで選ぶ 第9回温泉大賞
 

温泉トップ > 温泉に泊まる > 道東(阿寒湖・ウトロ・網走湖) > あかん湖鶴雅リゾートスパ 鶴雅ウィングス

あかん湖鶴雅リゾートスパ 鶴雅ウィングス

あかん湖鶴雅リゾートスパ 鶴雅ウィングス

ニーズを汲んだ新機軸を次々に実現 人気を集める阿寒湖を代表する宿

露天風呂付客室 第8回 温泉大賞 東 大関

あかん湖鶴雅リゾートスパ 鶴雅ウィングス|多彩な湯船がそろう館内でハシゴ湯を満喫

視界に入るのは阿寒湖と青空と雄阿寒岳視界に入るのは阿寒湖と青空と雄阿寒岳

風呂の充実ぶりは道内でも屈指だ。1階に檜の湯、洞窟風呂、丸太風呂、和風ジャグジー、庭園露天風呂などがそろう和風大浴場、8階に歩行湯やジャグジー、岩盤浴などを備える展望大浴場があり、夜22時30分に男女が入れ替わるシステム。また8階の展望大浴場から階段を昇った屋上には、その名も空中露天風呂(写真)があり、阿寒の雄大なパノラマが広がる。この風呂に入るだけでも、阿寒を訪ねてよかったと思えるほどに感動的な眺めだ。

あかん湖鶴雅リゾートスパ 鶴雅ウィングス|先住民族に敬意を払ったパブリックスペース

ギャラリー「森の夢」でアートを楽しむギャラリー「森の夢」でアートを楽しむ

経営者が阿寒出身だけに、郷土の文化を愛する気持ちが強いのがうかがえる。その象徴的な施設が、9階に設けられたギャラリー「森の夢」だ。阿寒在住の彫刻家瀧口政満氏や藤戸竹喜氏、床ヌプリ氏の個性的な木彫品を中心に、加藤秋霜氏の書などを展示。関連書を集めた図書室やオーディオコーナーも併設している。夜20時30分からは郷土文化を紹介する「語り部の会」も開催。ソファ席もあり、ぜいたくな寛ぎのスペースになっている。

あかん湖鶴雅リゾートスパ 鶴雅ウィングス|客のニーズに応えた選択できる料理も好評

選べる食材がズラリと並ぶ料亭「北璃宮」選べる食材がズラリと並ぶ料亭「北璃宮」

訪れる客をうならせるのが多彩な料理メニュー。食事は宿泊する客室やプランによって、料亭「北璃宮」や部屋食での和会席膳、炭焼ダイニング「ケラアン」、メインダイニング「天河」でのバイキングなどに分かれるが、客のニーズに合わせるサービスは見事だ。たとえば料亭「北璃宮」や部屋食での和会席膳では、メイン料理の旬彩やしゃぶしゃぶ鍋、デザートのそれぞれ3、4品の中から好みの献立が選べる。別料金だが、料亭「北璃宮」では食材を選んでその場で調理してもらうこともできる。

女将・スタッフから一言 女将・スタッフから一言

「ゆったりとこころとからだを遊ばせる空間とサービス」が宿のテーマ。心身ともに解放される桃源郷であれと、お客さまをお迎えし、さまざまな楽しみを提供させていただこうと努めております。(若女将の大西 希さん)

あかん湖鶴雅リゾートスパ 鶴雅ウィングス|周辺のおすすめ宿泊プラン

客室客室[1]客室[2]

お風呂お風呂[1]お風呂[2]

ギャラリーギャラリー[1]ギャラリー[2]

あかん湖鶴雅リゾートスパ 鶴雅ウィングス

住所:
北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉4-6-10
温泉地名:
阿寒湖温泉
泉質:
単純温泉
風呂:
和風大浴場「豊雅殿」(あわの湯、檜の湯、洞窟風呂「かくれ湯」、丸太風呂、和風ジャグジー、庭園露天風呂「鹿泉の湯」ほか)、展望大浴場「天の原」(展望大浴場「星の湯」、寝湯「夢の湯」、歩行湯、ジャグジー、サウナ、岩盤浴ほか)、空中露天風呂「天女の湯」(露天風呂、八角風呂、陶器風呂)、家族風呂「花橘の湯」(内湯、露天風呂)
詳細
アクセス・詳細

この宿のプラン・空室を探す

温泉観光モデルコース 大人のお湯旅

道東(阿寒湖・ウトロ・網走湖・層雲峡温泉)

道東

阿寒・知床・大雪山の国立公園内に湧く名湯



温泉おすすめコラム


    > おすすめコラムをもっと見る

    特集・ランキング

     

    ブログ

    • 野添ちかこの温泉ブログ

      野添ちかこの温泉ブログ
    • BIGLOBE温泉 ブログパーツ 

      BIGLOBE温泉 ブログパーツ 温泉写真やクチコミなどをチェックできる便利なブログパーツ。温泉好きが集まるブログに貼ってみよう!
       

    全国3800店舗のレンタカーを一括比較!

    全国40社の高速バス・夜行バスを一括比較