みんなで選ぶ 第9回温泉大賞

温泉トップ > 温泉に行く > 湯の川温泉 > チェックイン前を楽しむ「スタートは旧函館区公会堂」

湯の川温泉(北海道)

「大人のお湯旅」泊まって楽しむ旅案内

このページはこのまま印刷してガイドページとして使えます。ページを印刷

-チェックイン前を楽しむ「スタートは旧函館区公会堂」

【観】基坂の上にたたずむ瀟洒な洋館は明治43年建築の旧函館区公会堂

明るいカラーの外観が目を引く

明るいカラーの外観が目を引く

大正ロマンの香りを残す豪華な館内

大正ロマンの香りを残す豪華な館内

海を見下ろす基坂の上に、スカイブルーとレモンイエローの鮮やかな姿を見せている2階建ての洋館(重要文化財)。明治43年(1910)に当時の洋風建築の粋を集めて造られたもので、豪商相馬哲平からの寄付を元に約5万8,000円の費用で建築された。モダンで気品漂う外観はもちろん、アール・ヌーボー様式の壁紙で飾られた御座所、豪華なシャンデリアが目を引く貴賓室、大理石の応接間など、館内いたるところに贅を尽くした造りが見られる。また、2階にある約130坪の大広間は音響効果が抜群。土・日曜の昼間を中心に各種コンサートが開かれているので、事前にHPなどで情報をチェックして訪れたい。ジャンルはクラシック、ジャズ、ハワイアン、合唱などいろいろ。コンサート鑑賞時には入館料が無料になるのもうれしい(要整理券)。

編集部チェック

旅の想い出にドレスで記念撮影女性に人気なのが1階にあるハイカラ衣装館(3月上旬〜12月下旬営業、衣装レンタル20分1,000円)。50着以上あるゴージャスなドレスから好きなものを選んで変身体験が楽しめる。館内では自由に記念撮影できるので、お姫様気分でポーズを決めよう。男性用のフロックコートや燕尾服、子供用の衣装もそろっている。

 

DATA

旧函館区公会堂
●電話:0138-22-1001●営業時間:9時〜19時(11〜3月は〜17時)●定休日:無休(臨時休館あり)●入館料:一般300円、小〜大学生150円、小学生未満無料●アクセス:JR函館本線函館駅前から市電7分、末広町下車徒歩8分●駐車場:なし(周辺の有料駐車場利用)●住所:北海道函館市元町11-13

 

【憩】赤レンガ倉庫でお食事カフェ&ダイニングかねもり

約100年前に建てられた赤レンガ倉庫「BAYはこだて」内にあるカフェ&レストラン。むき出しになった赤レンガが壁から天井までを覆い、窓からは運河が眺められるレトロ感覚いっぱいの店内が、歴史ある港町ならではの異国情緒を漂わせている。道南産の素材を使ったメニューが中心で、なかでも盛りつけも美しいスイーツは女性に大人気。カニとイクラの和風あんかけご飯830円、金森風白玉ぜんざいアイスクリーム添え620円。七飯町産リンゴジュース470円は驚くほど口当たりがさわやかだ。

DATA

カフェ&ダイニングかねもり
●電話:0138-27-7878●営業時間:11時30分〜22時30分(土・日曜・祝日11時〜)●定休日:無休●アクセス:JR函館本線函館駅前から市電で5分、十字街下車徒歩5分●駐車場:100台(有料)●住所:北海道函館市豊川町11-5 BAYはこだて内

 
函館湾に面したレトロな赤レンガ倉庫群

函館湾に面したレトロな赤レンガ倉庫群

【左】レンガ造りの大きな空間で食事やお茶が楽しめる【右】カスタード風味の「アイシューのお城」550円

【左】レンガ造りの大きな空間で食事やお茶が楽しめる
【右】カスタード風味の「アイシューのお城」550円

 

【観】五稜郭タワーで函館戦争の凄惨な歴史に触れる

タワー展望台からは星形の城が一望できる

タワー展望台からは星形の城が一望できる

五稜郭公園から見たタワー五稜郭公園から見たタワー

明治2年(1869)の函館戦争で主な舞台となったのが、日本初の洋風城郭として元治元年(1864)に築かれた五稜郭。それまでの日本の城には見られなかった五角形の城郭で、これは防備の死角をなくすためといわれている。この五稜郭の全景を見わたせる施設が高さ107mの五稜郭タワー。地上86mのところに2層の展望台があり、星形の城郭の全貌はもちろん、函館山や津軽海峡まで360度の眺望が思いのままになる。展望台には函館戦争を人形やジオラマで紹介した五稜郭歴史回廊、土方歳三像もある。

【左】シースルーフロアでタワーの高さを実感【右】人形やジオラマで見る函館戦争

【左】シースルーフロアでタワーの高さを実感
【右】人形やジオラマで見る函館戦争

DATA

五稜郭タワー
●電話:0138-51-4785●営業時間:9時〜19時(10月21日〜4月20日9時〜18時)●定休日:無休●入場料:大人840円、中・高校生630円、小学生420円、小学生未満無料●アクセス:JR函館本線函館駅前から市電で18分、五稜郭公園前下車徒歩10分●駐車場:なし(周辺の有料駐車場を利用)●住所:北海道函館市五稜郭町43-9

 
 

【観】冬はサルがお風呂に入る函館市営熱帯植物園

湯の川温泉にある市営植物園で、豊富な温泉熱を利用して約300種3000本の熱帯植物を生育・展示している。ハイビスカスやブーゲンビレアなど色鮮やかな花々が咲き乱れ、熱帯樹木が茂る温室ドームの中はまさにジャングル。アイスクリームの木やパンの木といった珍しい植物も観察できるし、水槽ではピラニアやグリーンイグアナも見ることができる。庭のサル山には冬の間、プールに温泉が注がれ、気持ちよさそうに入浴するサルたちの光景が話題。

DATA

函館市営熱帯植物園
●電話:0138-57-7833●営業時間:9時30分〜18時(11〜3月は〜16時30分)●定休日:無休●入場料:一般・高校生以上305円、小・中学生100円、小学生未満無料●アクセス:JR函館本線函館駅前から市電で30分、湯の川温泉下車徒歩15分●駐車場:30台(無料)●住所:北海道函館市湯川町3-1-15

 
1年中常夏の花が見られる

1年中常夏の花が見られる

【左】人気者のニホンザルは冬の温泉入浴で有名【右】夏には水遊び広場も楽しい

【左】人気者のニホンザルは冬の温泉入浴で有名
【右】夏には水遊び広場も楽しい

 

モデルコース例

  • 旧函館区公会堂
  • 徒歩:10分
  • カフェ&ダイニングかねもり
  • 市電:23分+徒歩:10分
  • 五稜郭タワー
  • 市電13分+徒歩:15分
  • 函館市営熱帯植物園
湯の川温泉散策マップ 散策マップを拡大
 
 

このページはこのまま印刷してガイドページとして使えます。ページを印刷

  • 大人のお湯旅 湯の川温泉トップページ
  • チェックイン前を楽しむ 「スタートは旧函館区公会堂」
  • チェックアウト後を楽しむ 「絶景を楽しみに函館山へ」

※2008年7月現在の情報です。掲載情報は変更される場合があります。

湯の川温泉の温泉宿・旅館を口コミ、予算、こだわりから探す

[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]