みんなで選ぶ 第9回温泉大賞

温泉トップ > 温泉地観光 > 湯の川温泉 > チェックアウト後を楽しむ「絶景を楽しみに函館山へ」

第8回みんなで選ぶ温泉大賞

温泉トップ > 温泉地観光 > 湯の川温泉 > チェックアウト後を楽しむ「絶景を楽しみに函館山へ」

湯の川温泉(北海道)

チェックアウト後を楽しむ

絶景を楽しみに函館山へ

函館山からの“100万ドルの夜景”
函館山ロープウェイは山麓から3分間の空中散歩
函館山から見た昼間の展望

夜景はもちろん昼も美しい函館山からの絶景

市街地の西にこんもりとした姿を見せる標高334mの函館山。なんといっても夜景が有名で、津軽海峡と函館湾の輪郭が闇に浮かび、市街の明かりがきらめくその眺めは、ナポリや香港と並んで世界三大夜景と称されている。

昼間の眺めもすばらしく、遠く連なる山の稜線、蒼く輝く海、末広がりにのびた市街地、晴れていれば南に津軽半島も望める。山麓駅から125人乗りのロープウェイで上がった山頂には3階建ての展望施設があり、レストランやティーラウンジ、360度見わたせる展望台を完備。

時間が許せば、レストラン「ジェノバ」の1日3組限定の窓側の席を予約し、夜景を眺めながらフルコースディナーで旅を締めくくりたい。

函館山

  • 電話:0138-23-3105(函館山ロープウェイ)
  • 営業時間:10時〜22時(季節のより変動あり)
  • 定休日:無休(悪天候時運休あり)
  • 入場料:山頂展望台は入場無料。ロープウェイは中学生以上往復1,160円、小学生590円、小学生未満無料(保護者同伴2名まで)
  • アクセス:JR函館本線函館駅前から市電で5分十字街下車、徒歩8分の山麓駅からロープウェイ3分
  • 駐車場:108台(無料)
  • 住所:北海道函館市函館山山頂

人気!おすすめ温泉旅館

編集部チェック!

夜景が有名なだけに、山頂展望台は日没後1〜2時間が混雑のピーク。特に観光シーズンや週末には撮影場所を確保するだけでも大変だ。ゆっくり過ごしたいならやはり日中がおすすめ。夜景の時間帯はロープウェイとバスでしか上がれない山頂だが、17時までならマイカーでも行ける。午後の遅い時間に訪れて、日の傾きとともに変化していく空や海の表情をのんびり眺めるのが最高のぜいたく。
「きくよ食堂」の元祖函館巴丼1,680円
見て比べて上手に買い物を
昼過ぎまで開いているどんぶり横丁

北の旨いものが大集合みやげ探しは函館朝市へ

JR函館駅西口を出たところにある函館名物の朝市。戦後、農家の人たちが駅前で自家野菜を売ったのがはじまりで、今では300以上の店が密集している。毛ガニやタラバガニ、花咲ガニからホッケの開き、ウニ、イクラ、乾燥昆布、とうもろこし……。いかにも“北海道”らしい食材が山と積まれ、威勢のいい呼びこみの声が旅情満点。

店によって値段や質に差があるので、ゆっくり見てまわって交渉しながら上手に買い物したい。どんぶり横丁では海の幸満載の食事も楽しみ。朝食はもちろん、14時頃までやっている店もあり、昼食がてら訪ねるのもいい。

函館朝市

  • 電話:0138-22-7981(函館朝市協同組合連合会)
  • 営業時間:5時頃〜12時頃(季節・店舗で変動あり)
  • 定休日:原則として無休(店舗により異なる)
  • アクセス:JR函館本線函館駅から徒歩2分
  • 駐車場:50台(1時間250円、協同組合連合会加盟店利用で割引あり)
  • 住所:北海道函館市若松町9-19(函館朝市協同組合連合会)

人気!おすすめ温泉旅館

伝統の味が並ぶ明治の洋食&カレーセット2,100円
本館のレストラン「雪河亭」の店内
 

明治の昔から変わらない五島軒のハイカラ洋食

函館の歴史とともに歩いてきたといってもいい老舗レストラン。明治12年(1872)、初代若山惣太郎と五島列島出身の五島英吉料理長が在留外国人向けの小さなロシア料理レストランを開業したのがはじまり。その7年後にフランス帰りのシェフを雇い入れて以来、現在まで古きよき時代の香りを伝える洋食店として不動の地位を築いている。

昭和9年に再建した店内は、国の有形文化財に指定。優雅な雰囲気の中で、名物のカレーやオムライスといった気軽な料理から本格的なフレンチコースまで味わえる。

五島軒本店

  • 電話:0138-23-1106
  • 営業時間:11時30分〜20時30分LO(11〜3月は20時LO)
  • 定休日:無休
  • アクセス:JR函館本線函館駅前から市電で5分、十字街下車徒歩5分
  • 駐車場:60台(無料)
  • 住所:北海道函館市末広町4-5

人気!おすすめ温泉旅館

自分でお茶をたてられるお抹茶お点前遊びセット1,260円
白を基調にした外観は可愛らしい洋館風
 

大正ロマンの香り漂う旧茶屋亭で憩いの時間を

明治末期に建てられた海産物商の店舗部分を改修・保存したカフェ。重厚な木製の床や優雅なステンドグラスがそのまま残る建物は大正時代に流行した和洋折衷建築の典型で、市の伝統的建造物にも指定されている。

店内も大正ロマンの雰囲気で統一。1940年代製の鋳物ストーブやゴージャスなイタリア製家具が置かれ、BGMのオルゴールが時間を忘れさせてくれる。メニューは和風のものが中心で、抹茶セットやくずきりセット各1,050円が人気。

旧茶屋亭

  • 電話:0138-22-4418
  • 営業時間:11時30分〜17時(季節で変動あり)
  • 定休日:冬季のみ木曜(祝日の場合は営業)
  • アクセス:JR函館本線函館駅前から市電で5分、十字街下車徒歩3分
  • 駐車場:8台(無料)
  • 住所:北海道函館市末広町14-29

モデルコース例

  • 函館朝市
  • 市電:35分+徒歩:7分+ロープウェイ:3分
  • 函館山
  • ロープウェイ:3分+徒歩:6分
  • 五島軒本店
  • 徒歩:5分
  • 旧茶屋亭

※2008年8月現在の情報です。掲載情報は変更される場合があります。

湯の川温泉の温泉宿・旅館を口コミ、予算、こだわりから探す

新着おすすめ情報

GWおすすめ温泉特集

NEW

ゴールデンウィークに人気の宿ランキングと、おすすめ宿を全国人気温泉地ごとにご紹介

みんなで選ぶ 第9回 温泉大賞

全都道府県のランキングと、都道府県ごとの投票数ランキングを発表しました!

花見と温泉を愉しもう!

春は花見も温泉も一緒に愉しみたい!花見の名所とその近くのおすすめ温泉旅館を紹介

雪見露天が楽しめる温泉旅館特集

この時期だけの贅沢!白銀の世界を見ながら温泉にゆったりと

厳選!にごり湯のある宿

美肌効果も高いといわれるにごり湯の温泉で体の芯から温まろう

特選 訪れたい湯宿

独自取材!厳選された約600軒のおすすめ宿

1泊2食付き1万円以下プラン

1泊2食付 予算1万円以下のプランがある口コミ4つ星以上の宿