みんなで選ぶ 第9回温泉大賞
 

温泉トップ > 温泉に行く > 中伊豆・西伊豆 > チェックイン前を楽しむ「歴史が織り成す湯の町を観る」

中伊豆・西伊豆(静岡県)

「大人のお湯旅」泊まって楽しむ旅案内

このページはこのまま印刷してガイドページとして使えます。ページを印刷

-チェックイン前を楽しむ「歴史が織り成す湯の町を観る」

【歩】伊豆最古の湯けむりに包まれた情緒豊かな街並散策 修禅寺

807年、弘法大師によって開かれた曹洞宗の古刹。源氏の悲劇の舞台として、あるいは岡本綺堂の戯曲「修禅寺物語」で有名だが、境内は緑豊かな佇まいで、静かに人々を迎えている。温泉街の中心にあり、訪ねやすい名所である。

桂川にかかる朱塗りの虎渓橋と桂橋の間には、川の中程に有名な独鈷の湯がある。桂川の冷たい水で老父の背中を洗う息子の姿を見た弘法大師が、独鈷で河中の岩を突いて湧出させたと伝わる霊湯で、修善寺温泉のシンボルであり、神聖なお湯として愛されている。

また、伊豆最古の木造建築である指月殿は、鎌倉幕府2代将軍・源頼家の冥福を祈って、母・北条政子により建てられた経堂。伊豆最古の木造建築で、2mもある堂内の釈迦如来座像も木造り。境内には頼家の墓もあり、歴史を感じさせる。

編集部チェック

修禅寺界隈修善寺の街は、それほど大きくないので歩いて行こう。特に修禅寺界隈は道も狭いので、車ではかえって身動きがとれなくなる。

 
修禅寺
修禅寺
 

指月殿指月殿は見るからに古い。歴史の重さというよりは、風雪に耐えてきたという感じだ。

 

DATA

修禅寺
●電話:0558-72-0053●営業時間:宝物館は8時30分〜16時、300円●定休日:無休●参拝自由●アクセス:修善寺温泉街のほぼ中心●住所:静岡県伊豆市修善寺964

独鈷の湯(独鈷の湯公園)
●電話:0558-72-2501(伊豆市観光協会修善寺支部)●定休日:無休●見学無料(入浴厳禁)●アクセス:伊豆箱根鉄道駿豆線修善寺駅から修善寺温泉行きバスで8分、終点下車すぐ●駐車場:なし●住所:静岡県伊豆市修善寺

独鈷の湯(独鈷の湯公園)
 
 

【湯】伝説の筥湯(はこゆ)に入る

伊豆最古の温泉場として栄えてきた修善寺にはかつて川原沿いに7つの外湯があったが、昭和20年代には独鈷の湯だけになってしまった。そこで、平成12年に高さ12mの仰空楼(望楼)を併設する外湯「筥湯」をオープン。鎌倉2代将軍源頼家が入浴したという伝説の名湯が復活した。

DATA

修善寺温泉「外湯」筥湯
●電話:0558-72-5282●営業時間:12時〜21時●定休日:無休●入浴料:一般(小学生以上)350円●アクセス:伊豆箱根鉄道駿豆線修善寺駅から修善寺温泉行きバスで終点下車、徒歩3分●駐車場:なし●住所:静岡県伊豆市修善寺924-1

修善寺温泉「外湯」筥湯

クチコミ・地図はこちら

 
筥湯

筥湯筥湯のお湯自体がとても素晴らしい。檜の湯舟も真新しく、外湯の雰囲気を留めているので、オススメできる。

 

【食】虹の郷バイパス沿いにある「源氏釜飯」の店 松葉茶屋

源氏釜飯

松葉茶屋平日は「茶飲み友達」と称して、1人1ドリンクをサービスしている。なお、釜飯は炊きあがりまで30分近くかかるので、前もって予約しておくほうがベター。

修善寺・虹の郷公園近くの「松葉茶屋」は、美味しい釜飯の店として広く名を知られている。一番よくでる「山菜釜飯膳」をはじめとして、「鮎」「栗」「うなぎ」「ステーキ」の各釜飯は、いずれも味に個性があり、ほっくりとして美味。他に「伊豆鶏膳」や「自然薯膳」「茶屋ぞうすい」も好評。ご飯の中には地元特産の「黒米」も使われている。また釜飯はお持ち帰りも可能となっている。

DATA

松葉茶屋
●電話:0558-72-0576●営業時間:10時30分〜15時、金・土・日は17時〜19時も営業●定休日:火曜日●料金:山菜釜飯膳1740円、伊豆鶏膳1980円●アクセス:伊豆箱根鉄道駿豆線修善寺駅から戸田行きバスで14分、もみじ林前下車●駐車場:あり(無料)●住所:静岡県伊豆市修善寺4281-66

松葉茶屋
 
 

【買】戸田の名物、高足ガニを食べる の一食堂

西伊豆・戸田(へた)にある世界一。それは「高足ガニ」の漁獲高。成長した雄が両方のはさみ脚を広げると3m(15kg)になるものもあるというエビ・カニ類最大の高足ガニは、日本の太平洋沿岸に生息するニホン特有のカニだが、その高足ガニを食せる店が「の一食堂」。大きな釜鍋で茹でること( 身の全体を湯に浸すわけではないので、茹でるというよりは蒸すというイメージだが)15分から20分。1匹10,500円や21,000円(大きさによる)のカニが目の前に。刺身定食(2,100円)などをそれぞれに注文して、高足ガニを数人で食べるグループや、高足ガニ定食(高足ガニの脚2〜4本、赤えび鬼殻、刺身、さざえのつぼ焼き、御飯、みそ汁:5,500円)にして、注文する人が多いが、中には一人一匹の豪勢なグループもあるとか。

かに料理「の一食堂」

「の一食堂」には専用の畜養場もあるので、禁漁期間でも新鮮な高足ガニを食べることができるのも嬉しい。それでも大きなカニを食べたい場合は、事前に予約をしておくことをお勧めする。

 

DATA

かに料理「の一食堂」
●電話:0558-94-3225●営業時間:10時〜17時●定休日:水曜日●アクセス:伊豆箱根鉄道駿豆線修善寺駅から戸田行きバスで50分、終点下車●駐車場:あり●住所:静岡県沼津市戸田410-16

かに料理「の一食堂」
 
 

モデルコース例

  • 修善寺散策

  • 徒歩:3分
  • 筥湯
  • 車:10分 (または車:50分)
  • 松葉茶屋(またはの一食堂)
中伊豆・西伊豆散策マップ散策マップを拡大
 
 

このページはこのまま印刷してガイドページとして使えます。ページを印刷

  • 大人のお湯旅 中伊豆・西伊豆温泉トップページ
  • チェックイン前を楽しむ 「歴史が織り成す湯の町を観る」
  • チェックアウト後を楽しむ 「雄大な海と自然に必ず魅了される」

※2007年12月現在の情報です。掲載情報は変更される場合があります。

天城温泉郷の温泉宿・旅館を口コミ、予算、こだわりから探す