みんなで選ぶ 第11回 温泉大賞 結果発表
 

温泉トップ温泉ガイド(長野県)志賀高原,湯田中,渋上林温泉上林ホテル仙壽閣>温泉

上林ホテル仙壽閣

かんばやしほてるせんじゅかく

4.73
(33件)
15,120〜95,380円

18サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる

18サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる
上林ホテル仙壽閣

個を重んじるホテルの快適さと日本旅館のくつろぎを大切に、心よりのおもてなしを心がけております。

〒381-0401 長野県下高井郡山ノ内町大字平穏1410
上信越自動車道信州中野より20分/長野電鉄湯田中より路線バスで15分
クチコミの人気ポイント

上林ホテル仙壽閣「温泉」のクチコミ

他の温泉では経験できないほど湯量の多い「かけ流し温泉」の風呂と、快適な室内温水プール。

みえ子さん 2018/01/22 18:15

やはり温泉がいい 最高のおもてなし

楓さん 2017/12/21 07:49

温泉と旅館の豪華さ

 2017/01/19 11:25

落ち着いた雰囲気の中で静かに過ごせた。温泉も良いし、接遇も最高。

じいじさん 2015/12

スタッフの皆さんの接客が素晴らしかった。お部屋もゆったり、食事も美味しく、かけ流しの温泉も素晴らしかった。

ちーさん 2015/12

スタッフの方たちによる心のこもったおもてなし、美味しい食事、快適なお部屋、湯量豊富で素晴らしい掛け流しの温泉・・、すべて最高です!

みえ子さん 2015/02

源泉かけ流しの湯量がハンパなく凄いです!。毎分720リットルと驚異的な湯量をかけ流す。あまりの湯量に、湯出口なく、洗い場は源泉が川のように流れています。

booniyanさん 2015/02

閑静な環境の立地で、設備・温泉、従業員の態度等々再考です・

TOKUSUNさん 2015/01

何といっても、豊富な湯量です。大浴場の温泉の湯口は男湯と女湯を隔てている壁一面から滝のように流れ混みます。かけ流された温泉は、惜しげもなく洗い場を全体を流していてます。とにかくここの湯量は圧巻です。

booniyanさん 2014/01

高級感わ感じる隠れ宿的温泉です。

skiloveさん 2014/01

お料理が繊細でとてもおいしかったです。大きな宿にありがちなざわざわしたところがなく、静かな雰囲気で夫婦二人でとてもゆっくり過ごせました。お湯も豊富で泉質もとてもよく、大満足でした。

むっちさん 2010/09

真冬の大雪の日にいきましたが、外の雪景色を何時間も見ていても飽きないロケーションです。 従業員の方々もひじょうに親切で、時の経つのを忘れさせる旅館です。 温泉も体の芯から温まり、風呂ざめをしない泉質のようでした。 心が疲れた時に一人で行って癒される場所だと思います。

アマテラスさん 2009/11

上林温泉には、始めなど静かなたたずまいの中に点在して温泉宿があります。昔、長野市に単身赴任していた時、家族、友人などをつれてこの地を訪ねには数回宿泊し、クラッシックな車など楽しみ露天風呂も楽しみ宿の家庭的なもてなしは今も忘れられません。その時、宿は言うまでもなく満足でしたがその際、散歩がてらその近くに仙寿閣があり館内を案内いただき、塵表閣とは又違った趣の温泉宿と言うよりリゾートホテルにも憧れを感じて帰ってまいりました。残念ながら未だ訪れる機会が無いままですが、近くに志賀文庫、植物園、地獄谷、豪雪の館ありで他の温泉地とは違った温泉地で静かおんせんを楽しめるところです。是非皆さん訪れて見てください。

hideさん 2009/07

先日行ってきたんですが源泉かけ流しのお風呂は最高でした! もったいないくらいの湯量で、、、びっくりでした。

uamさん 2008/09

源泉かけ流しは今では温泉宿の最低条件になりつつある。宿を選ぶ時の定番条件といっても過言ではなくなってきている。そして、それらの源泉かけ流しの宿のこれからの選択条件として湯量の豊富さが出てくるのではないだろうか。ここに紹介する「上林温泉 ホテル仙壽閣」は、毎分720リットル 1日 1,306リットルという驚異的な湯量をかけ流し、壁全面から源泉が滝のように流れ落ちる大浴場、かけ流された源泉が川のように流れる大浴場の洗い場。まさにすごいの一言。ここのお風呂に入るだけでも来た価値は十分にある。風呂に入る猿で有名な「地獄谷」も歩いていける近さですので十分満喫できる旅になると思いますよ。お勧め でも 料金は高めかな

kmkentaさん 2008/09

ピックアップクチコミを読む

>>上林ホテル仙壽閣の全クチコミを読む


最安値カレンダー


クチコミの人気ポイント

宿の特徴をより表わしている語順に表示しています。

上林温泉の特選宿(BIGLOBE独自取材)