温泉トップ温泉ガイド(岐阜県)大垣・岐阜羽島養老温泉>クチコミ

養老温泉のクチコミ

ヨウロウオンセン

4.023件)

19サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる

19サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる

若返りの伝説で有名な養老の滝近くに湧く名泉

その昔、親孝行なきこりが酒の香りがする水を発見し、それを聞きつけ訪れた天皇が年号を養老に改めたと伝わる「養老の滝」伝説で有名な地。今も美しい自然が残り、保養にいい。

住所
岐阜県養老郡養老町
交通
養老鉄道養老駅からタクシーで5分
営業期間
通年
問い合わせ先
養老温泉ゆせんの里(0584-34-1313)

養老温泉のクチコミ

ピックアップクチコミを読む

国民年金健康保険センターの施設「グリーンハイツ養老」は部屋からの眺望も良く、料理もヘルシーな素材が多めで、温泉も湯量豊富。ファミリ揃ってリフレッシュするのに最適。

イエスさんさん  2009/07/25

養老の滝に行くと滝のすぐ手前にある宿が目に入ります。遊季の里という宿です。 静かな落ち着いた宿で、疲れているときなど気を遣わずにただただのんびりできるのがいいのです。京料理をベースにした食事も美味しいのです。濃尾平野のポツポツ点いた灯りを眺めながら、静かな雰囲気で食べるからでもあるのでしょう。 部屋の外にある露天風呂は、山の冷気を送ってくる尾根の木々と空の美しい対比を楽しめます。目の下には、濃尾平野が広がり、ずっと彼方に名古屋の灯りが見えています。 大垣から養老駅までのローカル線もなんとも風情があります。通勤通学の人がたまに自転車を乗せたりしているのも、不思議な感覚で眺めることができます。

た〜ぼさん  2009/07/23

養老温泉地にある掬水さん♪ 行く前にネットで大型犬連れOKの宿を散々探した結果見つけたトコロで、基本的な躾が出来ていれば部屋の中で離すのもOKとの事で犬連れにはとっても優しい温泉宿でした。 ワンは宿の方に撫でて貰ったりしてご機嫌でした。 料理も値段以上の量と味で良かったです♪ 養老温泉地に入るトコが少し狭いので運転が心配な方はちょっと相談した方がいいかも(^^;

EUPHママさん  2009/07/21

養老温泉近くの月見の森にある温泉施設ですが、晴れた日は濃尾平野(名古屋方面)の夜景がきれいに見えますよ。 もともと、月見の森自体が夜景のスポットなので、夕方から展望台で夜景を見て、冷えた体を温泉で温めなおして、もう一度あったかい部屋から夜景を見るなんて感じで夜景を堪能できます。

ミニラさん  2009/04/25

今年は雪は、それほで降りませんでしたが、冬は人が少なく、露天風呂からの景色が最高です。 また、交通の便が悪いので、車での移動ですが、ゴールデンウイーク頃にも、雪が降る時が有り、事故が有るので、チェーンは入れといた方が、良いと思います。

タカオさん  2009/04/22

なんというか、養老周辺の雰囲気が大好きです。 自然にあふれた静かな保養地・・・ 行くだけで心身ともに休まります。

martさん  2009/03/19

岐阜養老旅館掬水 基本的な躾さえできていれば大型犬でも受け入れてもらえます。 高速道路からは少し離れていますが、養老の滝を目指して行けば大丈夫だと思います。 大型車や運転に不安がある方にはオススメできませんが、その分風光明媚な場所なので、のんびりゆったりしたい方にはオススメです♪ 料理もこの値段でこんなに!!ってな位に出てきました(*^^*)

euphaltoさん  2009/03/12

養老温泉は、初めて行った温泉でもあり、お気に入りの温泉でもあります^^まず、値段が安い!!設備はあまりないですけどね。 景色はもう最高ですよ。山の中にあり絶景でした。あと街中じゃないので、とても静かです。

紅蓮さん  2009/03/04

養老の滝から1〜2kmのところにある「グリーンハイツ養老」は、国民年金健康保養センターの温泉宿泊施設です。弱アルカリ性の単純泉で、肌に優しい入浴感を味わえます。部屋から望む濃尾平野の景観も素敵です。地産の食材を使った料理も結構楽しめます。 小学校同窓会をこのホテルで開催し好評でしたので、翌年も続けて開催しました。

イエスさん  2009/02/11

滝元館遊季の里! 養老の滝の側ですが、静です。 部屋付き露天風呂もあり、最高です。 お部屋でエステをしてもらえます。最高の気分で寝てしまいました(笑) ちょっと、お高いかもしれませんがそれだけの価値はあります。 記念日などに行ってみてはいかがでしょうか。

leonhardさん  2008/10/07

11〜20件目(全 23件中)

【免責事項】
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。
お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。