温泉ガイド長野県豊科・穂高・安曇野・大町高瀬館>クチコミ

高瀬館

タカセカン

4.011件)

18サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる

18サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる
高瀬館

広々とした露天風呂の湯は少し熱めで、冬の雪見風呂にもぴったり。タイル張りで大衆浴場風の内風呂も趣がある。

住所
長野県大町市平2118−13
交通
JR大糸線信濃大町駅からタクシーで25分
長野自動車道安曇野ICから国道147号、県道326号を高瀬ダム方面へ43km
TEL
0261-22-1446

高瀬館のクチコミ

4

まさに秘湯の雰囲気です!温泉の泉質も素晴らしい!

ゆきちさん  2018/01/21

4

山の中の掛け流しの温泉

MerlynMk11aさん  2014/01/28

 大町葛温泉の高瀬館は、古くから北アルプス裏銀座の基点として利用されてきたそうで、お湯も2つの異なる源泉をもつ昔懐かし風情の宿です。泉質は単純温泉ですが、 利用後には本当に肌がツルツルで湯冷めもせず、数時間はポカポカです。私は、スキーついでの立寄り(毎回)利用のみですが、露天風呂で雪がハラハラと舞い落ちる時は、特に最高の気分に浸れます。

coach-supaさん  2009/08/31

大町の葛温泉の源泉の宿です。 大町温泉郷のお湯もこちらから引湯しています。 湯の花浮かぶ,少し硫黄臭のある良質のお湯です。 ひなびた温泉ですが,露天風呂から眺める景色もよく, 春夏秋冬の山の景色を存分に楽しめます。

湯だまりさん  2009/08/13

先日北アルプスのやまふところに位置している温泉を利用しました。川のせせらぎを聞きながら過去の自分が、川で遊んだころを思い浮かべ楽しかったことなど、湯につかりながら空の雲の流れのはやさに身が洗われるようで、とても心地よいひと時が持て人間らしいゆとり感を味わうことができうれしくなり、世の中の人みんながこうしたゆったりしたときを与えられているんだなと心がいやされました。山の中の緑も濃さを増して今は、その木々の中を渡る風もうれしく感じられ久方ぶりに山歩きと温泉巡りに感動したいちにちでした。

やまつばめさん  2009/08/08

長野県大町市にある『葛温泉』お薦めです!大町ダムの奥に有り、近隣の薬師の湯等の源泉です。若干硫黄の匂いはしますが美肌効果は抜群です。件数は少ないですが、日帰りも700円、800円とリーズナブルです。近所へ行かれるなら一度はお試しを!

隊長さん  2009/08/03

露天で景色を眺めているとき… これで冷たいビールでも飲めれば〜w なんて思いを実現できる温泉でしたぁ! まぁ自動販売機の缶ビールを持ち込むだけですがw それに露天には灰皿もあり煙草も吸えちゃうんですw 一度行って見て下さいw のんびり出来ますよ〜w 場所:葛温泉の高瀬館 行き方:大町駅から高瀬ダムを目指す山道の途中にあります

ぽんずさん  2009/07/31

大町ダム脇にある高瀬渓谷緑地公園から、七倉ダムを見て、葛温泉の中で、一番古くから宿泊、外来入浴が可能な 宿、露天風呂もあり、自然いっぱいの温泉宿です。 休憩所には、卓球台もあり、楽しめます。 外来入浴料金は、700円でした。 すごく、体が、温まりました。

山ちゃんさん  2009/04/17

旅館は登山者専用みたいで余り外観はきれいではありませんが温泉だけの利用が可能[料金は400円]でフロントは無人なので声をかけなければなりません。 冬場は大町から高瀬ダムに向かって奥にはいらねばなりませんので少し辛いですが最近入浴客が増えてきてはいますがウイークデイの日中は広い露天風呂が貸し切り状態です。 特に冬場の雪の中での入浴は最高です。

yoshiさん  2009/03/06

私は熱いお風呂が好きなので、ここがお気に入りです。長野は温泉がとても多いですが、その中でここはかなり山深く静かで、秘湯好きにはオススメです!!わずかな温泉宿と山しかないと言い切れる、ある意味贅沢な場所です。温泉は単純温泉でかなりの高温。不便な場所にあるので空いています。多分これからの時期ならば、車は装備をしっかりしていくべきですよ。今回ちょっと秋の紅葉には早かったようでした。冬の寒い時期の雰囲気も味わいたく、また行ってみたいと思っています。他にここは、「野口五郎岳」という山が近いらしく、その写真や資料的なものが受付の温泉へ行くまでの廊下に飾られていました。ぜひそんなところも楽しんでみてください。

どりママ(*^∇^*)さん  2007/12/10

1〜10件目(全 11件中)

【免責事項】
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。
お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。