鶴の湯温泉ツルノユオンセン

★★★★★
★★★★★
4.0 (7件)
鶴の湯温泉

一時廃止された湯治場を、町が新たに掘削

江戸時代から親しまれてきた湯治場だったが一時廃止され、近年になって町が新たに掘削。ボーリングに成功し温泉が復活した。春先には梅の香が漂う緑の谷間に素朴な一軒宿「鶴の湯温泉」が建つ。

鶴の湯温泉
鶴の湯温泉
鶴の湯温泉

アクセス

基本情報

住所 和歌山県日高郡みなべ町熊瀬川
交通 JRきのくに線南部駅からタクシーで20分
営業時間 通年
問い合わせ

泉質

お湯の泉質 単純温泉(ナトリウム-炭酸水素塩泉)
源泉の数 1
お湯の色 黄褐色(黄褐色半透明)
お湯のにおい 無臭
源泉の飲泉 できません(強い酸味)
源泉のpH値 6.8中性
源泉の温度 22.5度

鶴の湯温泉に訪れた方の感想

夏休みに白浜のアドベンチャーワールドに行った時に利用しました。 出張で何回か宿泊したことがあり、家族を連れていきたいと思っていました。 山の中にあり、蛍が飛ぶような自然あふれるところです。 近くの国民宿舎も良いですが、ここも料理のおいしさと、料金の安さでは負けません。特産の梅を使った料理が何品かでます。子どもの料理はメニューからいろいろと選べます。 温泉は臭みがなく入りやすいです。 炭シャンプーがおいてました。

免責事項
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:株式会社マップル 【記事の無断転用を禁じます。】