温泉トップ > 温泉地観光 > 皆生温泉 > チェックイン前を楽しむ「皆生を知る旅の手始め」

第9回みんなで選ぶ温泉大賞

温泉トップ > 温泉地観光 > 皆生温泉 > チェックイン前を楽しむ「皆生を知る旅の手始め」

皆生温泉(鳥取県)

チェックイン前を楽しむ

皆生を知る旅の手始め

日本海の荒波から浜辺の浸食を防ぐために設置されたテトラポットと、それによって生まれる水流が作り出すのがトンボロ現象と呼ばれる砂州の形。
日本初のトライアスロンが、1981年にこの皆生で開催。記念のブロンズ像が米子市出身の彫刻家・石田明氏によって建てられた。
皆生温泉開湯100年を記念し、皆生を訪れた観光客などから募集した手形を地元の勝法寺焼で仕上げた陶板。

美しい弓ヶ浜に沿って海岸散策 表情豊かな美保湾を眺めて歩こう

日本の白砂青松100選、日本の渚100選、日本の朝日100選などに選ばれる美しい景観を持つ皆生温泉。特に、緩やかな弧を描きながら17kmにわたって続く弓ヶ浜半島の砂州は、青々と茂る黒松林とともに海岸線を美しく彩るシンボルだ。夏は海水浴やマリンスポーツを楽しむ観光客で賑わうビーチは、トンボロ現象と呼ばれるお椀型の地形を形成。日本海の荒波と、その荒波から浜を守るテトラポットが見せる独特の景観を楽しむことができる。

その浜辺に寄り添うように立ち並ぶ陸側に傾いた松の木々。吹きつける海風が永い時をかけて作り出す光景だ。国立公園大山の雄大な山際から昇る朝日や、島根半島に沈む夕日は美保湾の海を幻想的に色づける。

これらの自然が見せてくれる造形に加え、海岸沿いの遊歩道、通称「手形の道」には皆生の文化に触れる観光スポットも立ち並ぶ。米子市出身の文学人・生田春月の銅像や、日本初のトライアスロン大会の開催を記念した記念碑、米子市内に窯元がある勝法寺焼で作られた手形のタイルなど、皆生を学び知るには外せない一角だ。

弓ヶ浜

  • 電話番号: 0859-35-0175(米子市観光センター)
  • 住所: 鳥取県米子市皆生温泉3-1-1(米子市観光センター)
  • 駐車場:なし

人気!おすすめ温泉旅館

編集部チェック!

皆生温泉エリアから海に沿って境港方面へ車を10分走らせると、見えてくるのは弓ヶ浜展望駐車場の文字。ここなら車を停め車内から海を眺めることもでき、浜に降りての散策や海水浴も可能だ。駐車場が少ない皆生温泉エリアからも近く、日本海を眺めるシーサイドドライブも楽しめるスポット。
ライトアップされた観光センターと足湯スポット

玄関口に建つ足湯スポット米子市観光センター

米子市街から皆生温泉に向かうと、まず迎えてくれるのが米子市観光センターだ。皆生のバスターミナルにもなっており、訪れた人が一度は立ち寄るスポット。施設前には足湯がありタオルやすのこの貸し出しも全て無料。夕暮れ時を過ぎるときらびやかにライトアップされ、皆生を代表するランドマークとしても親しまれている。

米子市観光センター

  • 電話:0859-35-0175
  • 営業時間:9時〜18時
  • 定休日:なし
  • アクセス:JR山陰本線米子駅より車で15分
  • 駐車場:30台(無料)
  • 住所:鳥取県米子市皆生温泉3-1-1

皆生温泉素鳳ふるさと館

  • 電話:0859-34-2888(皆生温泉旅館組合)
  • 営業時間:9時〜17時
  • 定休日:第2、第4火曜日
  • 入館料: 大人(中学生以上)250円、小学生以下無料

人気!おすすめ温泉旅館

こぢんまりとした敷地内には凛とした空気が満ち、心地よい静寂が体感できる。

皆生の温泉地をひっそりと見守り続ける皆生温泉神社

1927年に当時の市議会議員・有本松太郎氏によって建立された皆生温泉神社。医療や縁結びの神様である大黒様を祀る社殿は皆生温泉を見守るように西の端から東向きに建てられている。黄泉帰りの伝説も残る皆生にふさわしい、長寿にご利益がある社に赴き手を合わせてみよう。

皆生温泉神社

  • 電話:0859-35-0175(米子市観光センター)
  • アクセス:米子市観光センターバス停より徒歩10分
  • 駐車場:なし
  • 住所:鳥取県米子市皆生温泉3-16

人気!おすすめ温泉旅館

毎日日替わりで全9品が登場するボリュームある料理。
 

地産地消の郷土料理はおふくろの味 ののや

地元の素材にこだわった郷土料理の店。日本有数の水産都市・境港市で水揚げされた新鮮な魚介や、自家菜園の有機野菜、鳥取産も登場する国産の和牛など地物の素材を使ったメニューが自慢だ。昼はランチ1種類、夜はコース2種類のシンプルなお品書き。ランチ(1,000円)ではアジや白イカの刺身、アラをダシに使ったダイコンの煮付けなど全9品が日替りで登場するボリュームある内容。メインも日替りで和牛100%の煮込みハンバーグや、生サバの塩焼きなど肉と魚から選べる一品が付く。

夜は、同じく選べるメインに刺身とサラダが付く「ミニコース」(1,500円)と、黒毛和牛の逸品を中心に9品の「ののコース」(3,000円、前日までに要予約)を提供する。以前は境港で勤めていた女将の、どこか懐かしいおふくろの味を堪能したい。

ののや

  • 電話:0859-22-5115
  • 営業時間:11時〜14時30分、17時〜22時
  • 定休日:日曜日、祝日
  • アクセス:JR山陰本線米子駅より徒歩1分
  • 駐車場:なし
  • 住所:鳥取県米子市明治町149

モデルコース例

  • 弓ヶ浜
  • 徒歩:5分
  • 米子市観光センター
  • 徒歩:5分
  • 皆生温泉神社
  • 車:15分
  • ののや

※2008年8月現在の情報です。掲載情報は変更される場合があります。

皆生温泉の温泉宿・旅館を口コミ、予算、こだわりから探す

新着おすすめ情報

プールと温泉が楽しめる
旅館・ホテル

NEW

夏の旅行にぴったりな「プールと温泉」をダブルで楽しめる欲張りな宿を全国から厳選!

温泉テーマパーク特集

たくさんの種類の温泉でおもいっきり遊んだあとは、そのまま泊まれる施設もいっぱい!

みんなで選ぶ 第9回 温泉大賞

全都道府県のランキングと、都道府県ごとの投票数ランキングを発表しました!

特選 訪れたい湯宿

独自取材!厳選された約600軒のおすすめ宿

厳選ひとり温泉旅

一人旅におすすめ!お一人様プランのある温泉旅館・ホテル

1泊2食付き1万円以下プランのある宿

1泊2食付 予算1万円以下のプランがある口コミ4つ星以上の宿

部屋食プランのある宿

部屋食プランのある口コミ4つ星以上の宿

露天風呂付客室のある宿

露天風呂付客室のある口コミ4つ星以上の宿

貸切風呂のある宿

貸切風呂のある口コミ4つ星以上の宿