温泉ガイド京都府京都北部(舞鶴・宮津・天橋立・京丹後)>間人温泉郷

間人温泉郷

タイザオンセンキョウ

4.233件)

18サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる

18サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる
間人温泉郷

絶品の間人ガニ料理も楽しみな、港町に湧く温泉

間人ガニの水揚げ地で有名。昭和56(1981)年に掘削された丹後温泉、鴻ノ鶴温泉などを総称し、一般公募から名称が決定された。地元で通常「間人温泉」と呼ばれているのは、たいてい丹後温泉のこと。

住所
京都府京丹後市丹後町間人
交通
京都丹後鉄道宮豊線網野駅から丹海バス間人・経ヶ岬行きで30分、丹後庁舎前下車すぐ
営業期間
通年
問い合わせ先
丹後町温泉組合(0772-75-0437)

泉質

源泉の数 2 お湯の色 無色透明
お湯のにおい 無臭 源泉の飲泉 できません(無味)
お湯の泉質 その他(ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉)
源泉のpH値 pH8.05 弱アルカリ性 源泉の温度 31.9〜40.9度ほか

おすすめ温泉宿

間人温泉 炭平

総合評価:4.1点 

目の前に広がる海、夕陽の絶景、丹後の新鮮な魚介類、天然温泉の貸切風呂、小宿ならではの心配り。一度来て見て食べて浸って感じてください。

1泊18,850108,300円/人

間人温泉 炭平の詳細・宿泊プランはこちら

間人温泉 炭平

間人ガニの本場宿 海雲館

総合評価:4.0点 

最高の景色、日本海を一望♪天然温泉の露天風呂付特別室が人気♪

1泊8,64098,130円/人

間人ガニの本場宿 海雲館の詳細・宿泊プランはこちら

間人ガニの本場宿 海雲館

昭恋館よ志のや

総合評価:4.2点 

丹後半島の果てにある小さな港町、間人。その港に水揚げされる魚介類、冬場は良質な“間人蟹”を中心に、新鮮な素材と料理人の技を味わって下さい。

1泊15,400192,500円/人

昭恋館よ志のやの詳細・宿泊プランはこちら

昭恋館よ志のや

間人温泉郷の温泉宿をすべて見る<全6件>

ピックアップ!クチコミ

私のおすすめの温泉宿は、京都の丹後半島にある「和みの宿よし鶴」です。 友達に「蟹を食べに行こう」と誘われ車に乗って4時間、着いた場所は”幻の蟹”で有名な間人温泉でした。宿は民家を改装したような造りで、あったかい雰囲気に満ち溢れ、宿の方々も優しくてあったかい田舎の人って感じで本当に癒されました。温泉は”源泉かけ流し”と銘打っているだけあって清潔で少し温めのお湯にゆったりと入ると長時間移動の疲れも一瞬でふっ飛んでしまいました。そしてなんと言っても一番のおすすめは、名物の間人ガニ料理です。旬の季節に行ったので身がいっぱいに詰まっている大きなカニの刺身、しゃぶしゃぶ、焼きガニはもちろんですが、特にカニ味噌の甲羅蒸しは最高でした。これだけでお腹いっぱいなのに、その他にも日本海で獲れた食べ切れないほどの”海の幸”が、これでもか!というくらい出てきます。とにかく温泉で癒され、カニ料理で幸せを味わい、贅沢な気分を満喫させてもらった最高の旅でした。(宿泊代もかなり贅沢でしたが・・・失礼!)近くには「鳴き砂」が体験出来る砂浜や海水浴場があるそうなので、夏に丹後半島一周ドライブを予定しています。  

クチコミをもっと見る<全33件>

【免責事項】
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。
お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。