みんなで選ぶ 第9回温泉大賞
 

温泉トップ > 温泉に泊まる > 道後温泉 > 道後舘

道後舘

道後舘

建築家黒川紀章氏の設計による江戸情緒と現代の美を調和させた宿

露天風呂付客室

道後舘|ロビーに架かる小橋と滝が現代と江戸を象徴

フロント側から見た滝と小橋、ロビーフロント側から見た滝と小橋、ロビー

館内に一歩入ると、そこには国際派建築家の黒川ワールドが広がる。その象徴がフロントから蔵屋敷をイメージしたロビーへと続く空間だ。左の吹き抜けの壁面には現代的な滝があり、そこから流れる小川をまたぐのは赤い欄干の小橋。右側には連子格子の丸窓があるみやげ処などが並び、日本の伝統的な意匠が随所に施されている。館内はこの「江戸の粋と現代美の調和」というテーマで統一され、独特の雰囲気で旅人を迎えてくれる。

道後舘|散りばめられたデザインの妙を楽しむ

浴場へといざなう「ゆけむりの道」浴場へといざなう「ゆけむりの道」

黒塗りの板塀に黒い石畳、ほのかにともる行灯が別館に設けられた浴場へと導く「ゆけむりの道」。ここを浴衣姿の人が行き交う風情は、鉄筋建築の館内とは思えない独特の雰囲気だ。ほかに、畳敷きの縁台を置いて縁日ムードを演出した湯上がり処の「湯上がり茶屋」、壁や障子、欄干などが日本建築の美しさを際だたせる食事処の料亭街など、あちこちに散りばめられたデザインの妙が楽しめるのも、この宿ならではの魅力である。

道後舘|機能的なホテルの特長も積極的に採用

レストラン四季は和風モダンの雰囲気レストラン四季は和風モダンの雰囲気

現代的なセンスを採用しているのも特長の一つ。日本旅館的な接客サービスを望まない客には「レストラン四季」に食事を用意するホテルタイプの宿泊プランも用意しており、旅慣れた人やビジネスマンの利用客に好評。また、このレストランは外来利用も可能(11時〜14時・17時〜22時)で、ここで食事をすると入浴料サービスという特典もある。

女将・スタッフから一言 女将・スタッフから一言

常に感謝の気持ちを忘れずに言葉を選んでもてなし、お客様に「また来るね」と笑顔でお帰りいただけるよう心がけております。(某新聞で「もてなしの達人」と紹介されたこともある部屋係統括マネージャーの堀祥子さん)

道後舘|周辺のおすすめ宿泊プラン

客室客室[1]客室[2]

お風呂お風呂[1]お風呂[2]

ギャラリーギャラリー[1]ギャラリー[2]

道後舘

住所:
愛媛県松山市道後多幸町7-26
温泉地名:
道後温泉
泉質:
アルカリ性単純温泉
風呂:
男湯大浴場(あつ湯、ぬる湯、寝風呂、うたせ湯、サウナ、露天風呂)/女湯大浴場(あつ湯、ぬる湯、寝風呂、うたせ湯、サウナ、露天風呂)
詳細
アクセス・詳細

この宿のプラン・空室を探す

温泉観光モデルコース 大人のお湯旅

道後温泉

道後温泉

道後温泉本館を中心に深夜まで華やぐ湯の町



温泉おすすめコラム


    > おすすめコラムをもっと見る

    特集・ランキング

     

    ブログ

    • 野添ちかこの温泉ブログ

      野添ちかこの温泉ブログ
    • BIGLOBE温泉 ブログパーツ 

      BIGLOBE温泉 ブログパーツ 温泉写真やクチコミなどをチェックできる便利なブログパーツ。温泉好きが集まるブログに貼ってみよう!