みんなで選ぶ 第9回温泉大賞
 

温泉トップ > 温泉に泊まる > 草津温泉 > ホテル一井

ホテル一井

ホテル一井

大正ロマンと源泉を堪能できる宿

源泉掛け流し 第8回 温泉大賞 東 前頭

ホテル一井|広々したロビーラウンジ眼下には湯畑が広がる

“一番井戸”が宿名の由来“一番井戸”が宿名の由来

2005年夏に完成したばかりというロビーラウンジは、ゆったり広々。ゴージャスなシャンデリアがさがり、ラウンジに続く貴賓室も大正ロマンの雰囲気たっぷり。ノスタルジックなムードたっぷり。テラスからは、草津の顔ともいうべき湯畑が一望でき、絶好のビューポイントとなっている。

ホテル一井|大相撲夏巡業の関取たちも入った東屋風露天風呂

和風情緒あふれる庭園風の露天風呂和風情緒あふれる庭園風の露天風呂

開放感あふれる露天風呂「石庭」は、庭園の中にある笠屋根のついた東屋風。透明感のあるお湯なので油断していると、その熱さにびっくりさせられる。それもそのはず、白根山万代の湯はおよそ95度の高温で知られている。なめてみるとちょっと酸っぱい感じがした。もったいない、と思いながらも溢れ出る。
湯を眺めてしばし温泉の醍醐味を味わう。
大相撲夏巡業が草津で開かれ、関取たちもこの万代の湯をはじめ二種類の源泉を存分に味わったという。きっとお湯が少なくなってしまったろう、と心配したが、それほど変わらなかったという。さすが、湯量日本一の草津。重量でも負けなかったらしい。

ホテル一井|ロマンチックなムードに包まれて旬の料理に舌鼓を打つ

大正ロマンあふれるお食事処「季味の浪慢」。入口を入ってすぐに、明治初期頃の一井の風景写真が飾ってあり、歴史を感じさせてくれる。なかは小物1つまですべて大正ロマン風に統一されたデザイン。間仕切りのステンドグラスや隅に置かれたビアマグ、レトロ調の電話まで、心憎い演出が随所でなされている。ここでの食事を希望されるリピーターのお客様が多い、というのもうなずける。

ホテル一井|周辺のおすすめ宿泊プラン

ホテル一井

住所:
群馬県吾妻郡草津町411
温泉地名:
草津温泉
泉質:
酸性・含硫黄泉
風呂:
大浴場「石段」男湯、露天風呂「石庭」
詳細
アクセス・詳細

この宿のプラン・空室を探す

温泉観光モデルコース 大人のお湯旅

草津温泉

草津温泉

圧巻の湯畑と外湯めぐりで日本一の湯量を体感して



温泉おすすめコラム


    > おすすめコラムをもっと見る

    特集・ランキング

     

    ブログ

    • 野添ちかこの温泉ブログ

      野添ちかこの温泉ブログ
    • BIGLOBE温泉 ブログパーツ 

      BIGLOBE温泉 ブログパーツ 温泉写真やクチコミなどをチェックできる便利なブログパーツ。温泉好きが集まるブログに貼ってみよう!
       

    全国3800店舗のレンタカーを一括比較!

    全国40社の高速バス・夜行バスを一括比較