秘湯・秘境を愉しむ

奥鬼怒温泉郷オクキヌオンセンキョウ

★★★★★
★★★★★
4.7 (253件)
奥鬼怒温泉郷

秘湯ムードあふれる山奥にたたずむ温泉郷

鬼怒川の上流にある川俣温泉では、良質の温泉と20~30mの熱泉が噴き上げる間欠泉も見どころ。川俣温泉、平家平温泉、女夫渕温泉の先に点在する奥鬼怒温泉郷では、秘湯ムードを満喫できる。

奥鬼怒温泉郷
奥鬼怒温泉郷
奥鬼怒温泉郷

アクセス

基本情報

住所 栃木県日光市川俣ほか
交通 東武鬼怒川線鬼怒川温泉駅から日光市営バス女夫渕行きで1時間30分(以降、宿により異なる)
営業時間 通年
問い合わせ 日光市観光協会(0288-22-1525)

泉質

お湯の泉質 硫黄泉(含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉ほか)
源泉の数 9
お湯の色 無色透明(乳白色)
お湯のにおい 硫黄臭
源泉の飲泉 できません(無味)
源泉のpH値 アルカリ性
源泉の温度 53~94度

奥鬼怒温泉郷で人気の旅館・ホテル

奥鬼怒温泉郷に訪れた方の感想

こちらも秘湯と呼ばれる温泉でございます。 女夫渕温泉まではマイカーで行けますが、その先は送迎バスに乗って向かいます。日帰り入浴の方は、歩いてしか行けないようです。バスには宿泊者のみが乗れるようです。 舗装されていない道を行くので、縦揺れの激しい中、5~10分位で旅館に到着します。 こちらは、殆どが混浴となっておりますが、カップルや、ご夫婦で来られている方が多いので、さほど入り辛い事はありません。脱衣所も男女別になっております。勿論、女性専用のお風呂もありますのでご安心を! お料理は、山菜が中心かと思いきや、かなり豪華(?)なお食事でした。(私がいつも質素な食事をしているからかもしれませんが・・・)満足のできる内容で、量も盛り沢山でした。 日頃大食感の彼でも、「食べきれない・・・」と言っていた程です。 私は2度ほど、冬に行ったのですが、あの雪が燦々と降る中のお風呂はとても綺麗でした。旅館は川沿いになっていて、川の向こうは山肌が覗いています。 温泉街ではないので、他の旅館の泊り客のカラオケがうるさい、とか全くありません。情緒溢れるお風呂でした。 ただ、昨年末に行った時、水着で入られているご婦人がいて、ちょっとマナー違反にガッカリ・・・。 確かに女性にしてみれば、混浴は恥ずかしいものですが、マナーを考えて入られるようお願い致します。 加仁湯から、歩いて10~15分位の所に、「八丁の湯」があります。 日帰り入浴させて頂きましたが、昼間だった為か、なんとも情緒が感じられませんでした。 やっぱり加仁湯が一番かなぁ?

免責事項
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。