景色が素晴らしい温泉宿

鬼怒川温泉キヌガワオンセン

★★★★★
★★★★★
4.7 (1,643件)
鬼怒川温泉

渓谷、温泉、史跡、テーマパークと見どころ満載

鬼怒川の清流沿いに広がる一大温泉観光地。開湯は江戸時代で、日光詣での僧侶や大名だけに利用が許されていた。明治以降、一般にも開放され、昔も今も変わらず、柔らかいお湯が疲れた体を癒す。

鬼怒川温泉
鬼怒川温泉
鬼怒川温泉

アクセス

基本情報

住所 栃木県日光市鬼怒川温泉
交通 東武鬼怒川線鬼怒川温泉駅から徒歩10分
営業時間 通年
問い合わせ 鬼怒川・川治温泉観光情報センター(0288-22-1525)

泉質

お湯の泉質 単純温泉(アルカリ性単純温泉ほか)
源泉の数 31
お湯の色 無色透明
お湯のにおい 無臭
源泉の飲泉 できません(無味)
源泉のpH値 弱アルカリ性
源泉の温度 20~55度

鬼怒川温泉で人気の旅館・ホテル

  1. 1

    鬼怒川温泉 あさや

    鬼怒川温泉 あさや
    鬼怒川,川治,湯西川
    ★★★★★
    ★★★★★
    4.65
  2. 2

    鬼怒川温泉ホテル

    鬼怒川温泉ホテル
    鬼怒川,川治,湯西川
    ★★★★★
    ★★★★★
    4.58
  3. 3

    鬼怒川プラザホテル

    鬼怒川プラザホテル
    鬼怒川,川治,湯西川
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.62

旅行ライターお薦めのモデルコースはコレ!

大人のお湯旅「鬼怒川温泉」

渓谷美と美肌の湯を堪能する
鬼が怒るように荒々しい流れからその名がついたという説もある鬼怒川。川の歴史がつくり出した渓谷に沿って、個性豊かな湯宿が立ち並ぶ。首都圏から2時間で行ける鬼怒川温泉は、昔から切り傷や皮膚病によく効くといわれてきたが、近年では美肌効果が広く知られ、女性客にも人気の高い北関東の名湯だ。

鬼怒川温泉に訪れた方の感想

『京風料理』にひかれ行ってみました。  駐車場に到着して先ず思ったのは、風にそよぐ竹林がほど良く高級感を演出している事。  蔵の形をした門を通り10メートルくらい歩いて旅館の入り口にたどり着きますが、その間の瓦敷きの地面はキレイに打ち水もしてあり、お客様を迎える体制が万全である事を伺わせます。  ラウンジで点てた抹茶をいただきながらチェックインを済ませ、案内された部屋は和室10畳+広縁2畳+次の間4.5畳の別邸側の角部屋。  部屋もそれなりに年季は入っているものの、細部までキレイに清掃されていて安心出来ます。   広縁側は掃き出し窓、壁側は腰高窓で採光が良く、とても明るい室内からは大きな鬼怒川のゆったりした流れを眺めながらリラックス出来ます。  遠くに巨大な山々、麓には民家もありますが景観もかなり良いです。 特に新緑、紅葉、積雪の頃には最高のロケーションだと思えます。  風呂は露天男女各1、内湯男女各1、益子焼きの陶器風呂女性側1、男性側2、利用時間15時~21時と短めですがサウナもあります。  露天は大人6人、内湯は8人くらいが入れる位のサイズですが、宿の規模からすると妥当かな、と思えます。  アルカリ性単純泉で入浴中は肌から老廃物が溶け出す感じ、浴後には肌がサラサラになります。  源泉が32度しかない為加温・加水、ろ過・循環されています。  今回利用しませんでしたが、貸し切り風呂はかけ流しです。  宿自慢の京風料理は全13品、上品な味付けですがしっかりとダシが利いており飽きのこない美味しさ。  重量感のある料理ではないのでうちには丁度良かったんですが、胃袋に自信のある方にはちょっと物足りない量かも!?  夕・朝食共に部屋食なので次の間に布団を敷いてもらい、翌朝は朝食後に昼寝(朝寝?二度寝?)してからまた露天風呂に入れる余裕の11時アウト。  とても気に入ったので、帰りに来月の宿泊予約をして来ちゃいました。

免責事項
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。