新那須温泉シンナスオンセン

★★★★★
★★★★★
5.0 (98件)
新那須温泉

森に囲まれたロケーションの、那須温泉郷の玄関口に広がる温泉地

那須温泉郷の玄関口に広がる温泉地。湯温40~60度の単純泉で、運動器障害、リウマチ、婦人病、疲労などに効能がある。森に囲まれたロケーションだ。

新那須温泉
新那須温泉
新那須温泉

アクセス

基本情報

住所 栃木県那須郡那須町湯本182
交通 JR宇都宮線黒磯駅から東野交通那須湯本方面行きバスで24分、新那須下車すぐ
営業時間 通年
問い合わせ 那須観光協会(0287-76-2619)

泉質

お湯の泉質 単純温泉(単純温泉)
源泉の数 15
お湯の色 無色透明
お湯のにおい 無臭
源泉の飲泉 できません
源泉のpH値 情報なし
源泉の温度 40~60度

新那須温泉に訪れた方の感想

2月28日に一泊で利用しました。  こちらは非常に合理的で、無駄な経費をかけない分宿泊費への跳ね返りがないと思えます。 かと言って客が不満を感じる事がなくハイレベル。  閑散期の平日は休館、シャンプー・アメニティーは一種類のみ、夕食のプランは二種類、食事はダイニングと言った感じ。  “基本的”な予約の仕方は一階か二階かの選択、夕食は蟹コースか和牛コースかの選択のみ。  “基本的”としたのは、実は部屋の露天風呂のタイプを指定出来ますが、大々的にはうたっていません。 客室数13室に風呂タイプ4種類、予約時にお気に入りを指定するのも楽しみと思います。  到着しラウンジでC/Iの際に出されたお茶、饅頭、おしぼり。 このおしぼりには竹の香りが染み込ませてあり爽やかです。  クランクしながら歩き、案内された201号室(岩風呂)は和室8畳(床暖付き)+広縁5畳の奥に露天風呂。 露天部分にデッキチェアがあり妻が気に入ってました。  泉質はナトリュウム・炭酸水素塩・硫酸塩泉で、入浴中肌ツルツル、浴後ツルツルしっとりになります。(循環)  大浴場は硫黄泉で肌サラサラ、白濁度合いは薄く、床がほぼ見えます。(循環+掛け流し)  夕食は和牛コースを選択。 事前に伝えておいた妻の苦手な食材も快く差し替えて下さり、安心して食べられました。  和牛の溶岩焼き、甘鯛焼の柚子おろしいくら添えが特に美味しかったです。  朝食は一般的な和食膳、汁物がすいとんの為結構ヘビーです。  客室が一列に横並びにならない様、敷地を広くとりクランクさせた構造、露天風呂付客室で一泊二食21,525円の安さ、また利用しようと思っています。  付近まで行くとわかりづらくはありますが、良ーく探せば案内看板がちゃんとあります。

免責事項
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。