硫黄成分でお肌つるつる

高湯温泉タカユオンセン

★★★★★
★★★★★
5.0 (322件)
高湯温泉

深山にすっぽりと覆われた標高750mの山中に湧く名湯

400年前に開湯した歴史あるいで湯。自噴する白濁の硫黄泉は、アトピーや胃腸病、糖尿病など幅広い効能を持ち、薬効成分の高い湯として知られる。露天風呂自慢の宿も多い。

高湯温泉
高湯温泉
高湯温泉

アクセス

基本情報

住所 福島県福島市町庭坂高湯
交通 JR福島駅から福島交通高湯温泉方面行きバスで40分、高湯下車、徒歩5分
営業時間 通年
問い合わせ 高湯温泉観光協会(024-591-1125)

泉質

お湯の泉質 硫黄泉(硫黄泉)
源泉の数 10
お湯の色 白濁色
お湯のにおい 硫黄臭
源泉の飲泉 できません
源泉のpH値 2.8酸性
源泉の温度 42~51度

高湯温泉で人気の旅館・ホテル

  1. 1

    旅館玉子湯

    旅館玉子湯
    福島市
    ★★★★★
    ★★★★★
    4.40
  2. 2

    高湯温泉 安達屋旅館

    高湯温泉 安達屋旅館
    福島市
    ★★★★★
    ★★★★★
    4.65
  3. 3

    高湯温泉 花月ハイランドホテル

    高湯温泉 花月ハイランドホテル
    福島市
    ★★★★★
    ★★★★★
    4.33

高湯温泉に訪れた方の感想

東北自動車道の福島西ICより約30分、磐梯吾妻スカイラインの入り口のちょっと手前にある温泉。福島市よりアクセスが容易で、それでいて温泉にきたという雰囲気を強く感じさせます。街並みは温泉街とは違う雰囲気、でもどことなく匂ってくる硫黄臭が、やはり温泉だと感じさせます。そして、宿に入り露天風呂にいくと周りの景色と調和して、硫黄臭の匂いとともに温泉にきたという思いを強くもたせてくれます。青みがかった乳白色の温泉が風景とぴったり。宿は玉子湯です。山の斜面とせせらぎを生かした庭と、外湯の露天風呂が不自然なく調和して、日本の趣をかもし出している。庭には4百年間湧きつづける源泉が。玉子湯は百四十年とのことのようです。その湯小屋は庭に溶け込んでいます。写真は、朝日の中にたたずむ湯小屋です。中は檜で作られた湯船、そして裸電球、昔の温泉そのものなのでしょう。夜に静かに浸かりました。そのほかにも露天風呂があり、それらは、せせらぎと山肌の木々を楽しむ岩風呂、湯小屋と違う風情でした。それらの露天風呂も良かったです。ぜひ訪れたかった温泉。最高の気分になれました。本当におすすめの温泉と思います。紅葉のシーズンであれば、スカイラインで磐梯、へ絶好の立地にも思えます。今回は紅葉も終わりだったので、宿の周りだけで。次回は裏磐梯へと思っています。趣のある温泉でした。

免責事項
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。