景色が楽しめる棚湯がある

観海寺温泉カンカイジオンセン

★★★★★
★★★★★
4.3 (119件)
観海寺温泉

海抜150m。別府八湯のなかでもっとも見晴らしがよい温泉地

鎌倉時代にさかのぼる歴史をもつが、昭和に入って観光温泉場として急速に発展した。海抜150mの場所にあり、別府八湯のなかでもっとも見晴らしがよい。別府を代表する旅館やホテルが建ち並ぶ。

観海寺温泉
観海寺温泉
観海寺温泉

アクセス

基本情報

住所 大分県別府市観海寺
交通 JR日豊本線別府駅から亀の井バススギノイパレス行きで15分、終点下車すぐ
営業時間 通年
問い合わせ 別府市観光協会(土・日曜、祝日は0977-24-2838)

泉質

お湯の泉質 塩化物泉(ナトリウム-塩化物泉、硫酸塩泉ほか)
源泉の数 --
お湯の色 無色透明
お湯のにおい 無臭(無臭ほか)
源泉の飲泉 できません(施設により異なる、無味)
源泉のpH値 アルカリ性
源泉の温度 70~98度ほか

観海寺温泉で人気の旅館・ホテル

  1. 1

    眺望の宿しおり

    眺望の宿しおり
    別府
    ★★★★★
    ★★★★★
    4.58
  2. 2

    旅亭 松葉屋

    旅亭 松葉屋
    別府
    ★★★★★
    ★★★★★
    4.59
  3. 3

    美湯の宿両築別邸

    美湯の宿両築別邸
    別府
    ★★★★★
    ★★★★★
    4.50

観海寺温泉に訪れた方の感想

別府市内には、別府八湯といわれるように、大きくわけて8ヶ所の温泉地帯がひろがっているのですが、その中でも、山の中腹に位置する観海寺温泉はモンスターホテル、「杉の井ホテル」を筆頭として、大型のリゾートホテルが立ち並んでいました。高台に位置しているためでしょうか、別府の他の温泉地とはどこか違って、町自体が広々としているような印象を受けました。宿にチェックイン後、早速、観海寺温泉の散策に出かけていき、「薬師堂」にある薬師堂下の復興泉(薬師湯)飲用のひしゃくが用意されていて飲む事ができました。そこからさらに急な坂を5分ほど上ると観海寺温泉の名前の由来となった「観海寺」がありました。こじんまりとしたお寺でしたが、大変な歴史があるようで、奈良時代からあるようです。町の見所といえばココぐらいかと思っておりましたが、ところどころで眺めることのできる、湯けむり立つ風情あふれる別府の町並みは、遠く海まで見えとても爽快な気分に浸ることができました。特に山の中腹ということで、森の緑も大変美しかったです。

免責事項
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:株式会社マップル 【記事の無断転用を禁じます。】