富士山が臨める

伊豆長岡温泉イズナガオカオンセン

★★★★★
★★★★★
3.7 (433件)
伊豆長岡温泉

飲んでよし、入ってよしの、源氏山の東と西に湧くいで湯

源氏山をはさんで、源頼朝も訪れたという東側の古奈と、明治40(1907)年に試掘により発見された西側の長岡、この二つの温泉を統合、素朴でしっとりとした湯の町だ。「飲泉の湯」としても知られる。

伊豆長岡温泉
伊豆長岡温泉
伊豆長岡温泉

ピックアップ!クチコミ

ryoma  2007/04/21

 首都圏から近いこともあって何度か訪れたことがある伊豆長岡温泉。ここで、比較的 新しい温泉宿ができていました。「湯治場弘法の湯 長岡店」で、順天堂大学医学部 付属静岡病院のはす向かいにあって、「湯治場」の名前にぴったりかも…などと思い つつ、行ってみました。  日帰り入浴は1800円(7時~21時まで。バスタオル、フェイスタオル、浴衣3枚付き)で、 なんで3枚も浴衣がいるのかなぁ~と思っていると、受付の方が丁寧に入浴の仕方を 教えてくれました。まずは浴衣のまま岩盤浴で汗をかいてから、ミストサウナの順番で 入りつつ、湯船に浸かるというのを繰り返すのだとか。岩盤浴は汗がどっと出ます。 なるほどこれで浴衣が必要なんだと思いつつ、すんごくリフレッシュしました。  温泉は長岡の湯と北投石から出る天然ラドンなんだとか。なんか、それだけで体が 喜んでいるような気分♪ 電動のマッサージチェアは無料で使えます。最初高いと 思った1800円が、最後には得した気分に。でも、個人的にはあんまり長湯ができない ので、「夕暮れフリタイム(17時~)」で1000円の方がほんとの(得)のような……(笑)。  ココは宿泊もできて一室2名以上で6950円(夕・朝食付き)だとか、安い!  さらにタダなのは、駐車場奥の「足湯・杖なしの湯」ラジウム効果付きなので効果は 抜群(!?)のはず(笑)。ちょい寄りもできそうだけど、行ったのが平日だったので、土日は 混むかもしれない。

免責事項
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。