秘湯・秘境を愉しむ

青荷温泉アオニオンセン

★★★★★
★★★★★
4.7 (126件)
青荷温泉

ほの暗く灯ったランプの明かりが幻想的

昭和4年に歌人・丹羽洋岳が開湯した、南八甲田の自然に抱かれた秘湯。ランプの宿で有名で、客室や大浴場、廊下を照らすランプの光が幻想的な雰囲気をかもしだしている。

青荷温泉
青荷温泉
青荷温泉

アクセス

基本情報

住所 青森県黒石市沖浦青荷沢滝ノ上
交通 弘南鉄道弘南線黒石駅から弘南バス虹の湖公園行きで30分、終点下車、タクシーで15分(送迎あり、定時便、予約制)
営業時間 通年
問い合わせ (0172-54-8588)

泉質

お湯の泉質 単純温泉(単純温泉)
源泉の数 1
お湯の色 無色透明
お湯のにおい 無臭ほのかな独特のにおい
源泉の飲泉 できません
源泉のpH値 6.7中性
源泉の温度 48度

青荷温泉で人気の旅館・ホテル

青荷温泉に訪れた方の感想

夕食の時間まで、たくさんある露天風呂にあちこちつかりながら楽しみます。やはり、ランプに火が灯り始める頃からが秀逸です。山あいのくぼ地に佇む施設なので、辺りは一気に暗くなり、食堂の中もほんのりとランプに照らし出されてゆきます。ランプを消して眠りに就く頃には、森は静かな静かな闇の中に包まれます。普段、『街』に暮らしていると想像すらできないほどの暗闇と静けさの中、眠りにつきました。明け方近く、カンカンともコ−ンコ−ンともつかぬ動物の鳴き声。夜明けとともに内風呂で一緒になった方に聞いたのですが、な、なんと、野生の鹿なのだそうです。本当に山の中なのだと実感させられた出来事でした。食べ物は山菜などの地のものが中心でいたってシンプルですが、おいしく頂きました。皆さんも、闇とランプと静けさの宿へどうぞ。

免責事項
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。