温泉の「泉質」が自慢

昼神温泉ヒルガミオンセン

★★★★★
★★★★★
4.7 (515件)
昼神温泉

美人の湯としても評判が高い伊那谷最大の温泉郷

昭和48(1973)年、旧国鉄のトンネル調査中に温泉が湧出。泉質はアルカリ性単純硫黄泉でpH9.7の高いアルカリ性がつるつるのお肌になると評判。山里の静かな温泉街は豊かな自然に包まれており、花や木々、星空が美しい。

昼神温泉
昼神温泉
昼神温泉

アクセス

基本情報

住所 長野県下伊那郡阿智村智里20-2
交通 JR飯田線飯田駅から信南交通昼神温泉行きバスで30分、ガイドセンター前下車すぐ
営業時間 通年
問い合わせ 昼神温泉ガイドセンター(0265-43-3001)

泉質

お湯の泉質 その他(アルカリ性単純硫黄泉ほか)
源泉の数 5
お湯の色 無色透明
お湯のにおい (ほのかな硫黄臭ほか)
源泉の飲泉 できません(独特の味)
源泉のpH値 9.7アルカリ性
源泉の温度 47.1度

昼神温泉で人気の旅館・ホテル

  1. 1

    昼神グランドホテル天心

    昼神グランドホテル天心
    飯田,駒ヶ根,伊那
    ★★★★★
    ★★★★★
    4.44
  2. 2

    湯多利の里伊那華

    湯多利の里伊那華
    飯田,駒ヶ根,伊那
    ★★★★★
    ★★★★★
    4.15
  3. 3

    湯元ホテル阿智川

    湯元ホテル阿智川
    飯田,駒ヶ根,伊那
    ★★★★★
    ★★★★★
    4.23

昼神温泉に訪れた方の感想

昼神温泉の名を初めて耳にしたのは、中日ドラゴンズの落合監督が選手時代、シーズンオフにご利用されていたことを知ったときです。きっと、良い温泉なんだろうなと、その時は友人7人でさっそく行ってみました。期待通りの良質の湯で大変満足した思い出があります。 今夏は一泊二日の旅。国道153号線を飯田へ向かい、途中、「どんぐりの湯」の道の駅で休憩。しばらく走ると長野県に入り、平谷村の「ひまわりの湯」を素通り。「ここもいい温泉だったよね」と話ながら、ひたすら昼神へ向かいました。 お盆なので道路の渋滞を覚悟していましたが、意外とスムーズに昼神温泉のホテル阿智川に到着。 露天風呂、洞窟風呂、サウナ風呂、ミストサウナ風呂、マイクロ波バス、を楽しみました。いい湯だったことはいうまでもありません。食事も大変満足しました。デザートにでた黒蜜のわらび餅、ケーキもおいしかった~ \(^o^)/ 翌日は、飯田方面へ足をのばし、水引工芸館を見学。水引の色どりのきれいなこと! 職人さんの細かい手作業が伝わる作品にも感嘆! 帰り道には「ヘブンス園原」に寄り、高原のさわやかな風とお花畑を満喫しました。

免責事項
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。