スキー・スノーボードが楽しめる

赤倉温泉アカクラオンセン

★★★★★
★★★★★
4.3 (128件)
赤倉温泉

江戸時代に開湯した歴史ある湯処は妙高高原最大のリゾート温泉地

妙高山の麓に広がる、県内一の湯量を誇る温泉。現在はリゾート感あふれる温泉地として人気が高い。皇室や岡倉天心らも愛した情緒あふれる温泉街。温泉は北地獄谷からの引湯だ。

赤倉温泉
赤倉温泉
赤倉温泉

アクセス

基本情報

住所 新潟県妙高市赤倉
交通 えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン妙高高原駅から市営バス赤倉方面行きで20分、赤倉公民館前下車すぐ
営業時間 通年
問い合わせ 赤倉温泉観光協会(0255-87-2165)

泉質

お湯の泉質 炭酸水素塩泉(カルシウム・ナトリウム・マグネシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉)
源泉の数 4
お湯の色 無色透明
お湯のにおい ほのかな硫黄臭
源泉の飲泉 できません(無味)
源泉のpH値 7.2中性
源泉の温度 51度ほか

赤倉温泉で人気の旅館・ホテル

旅行ライターお薦めのモデルコースはコレ!

大人のお湯旅「野沢温泉・赤倉温泉」

源泉掛け流しが自慢の自然湧出泉
妙高山麓に湧く赤倉温泉は親鸞聖人、奥信濃に湧く野沢温泉は高僧行基の温泉発見伝承があるほどの古湯だ。いずれも世に知られたのは江戸時代、赤倉は高田藩主が温泉開発に乗り出し、野沢は飯山藩主が別荘を建ててからといわれる。以来、この両温泉はスキーリゾートの先駆けとして発展し、温泉旅館の大型化も進んだが、湯量豊富な自然湧出の名湯はいまもなお健在である。

赤倉温泉に訪れた方の感想

★日本海沿いの上越市⇔長野間の高速でアクセス楽チン。国道からいざ温泉地への道に入ると、ず~っとダケカンバの林が続き、気温が数度低くなった事を体感出来ると同時に、空気が澄んでいて実に美味しい!両側にひとしきり続くダケカンバの道の要所要所に、現在地と目的地への案内板があり、林立する旅館・ホテル・イン・民宿・保養所も、ダケカンバの林の中に点在する宿も、位置の把握は楽。さすが温泉メッカ! ★宿では、日本海で獲れた新鮮な海の幸、地元特産の山の幸、笹ヶ峰牧場の子牛肉、妙高の峻烈な湧き水で育ったアユ、米どころ新潟の最高級魚沼産コシヒカリ、地ビール、地酒、等々と堪能でき、温泉も昔ながらの赤倉温泉の湯、ラジウム強化温泉の湯、その他、と宿が工夫をこらした湯をゆ~~~ったり楽しめ、言うことなし! ★一大リゾート地とあって、各種のお楽しみ施設もお好み次第。ちょっと足を伸ばせばナウマン象の野尻湖で遊び、お土産は竹風堂の栗楽がん。また、山を日本海側に下りれば地酒の里があり、かんずりの製造元も近い。日本海の新鮮な海の幸をお土産にするもまた良し!

免責事項
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。