夏の旅行予約プレゼントキャンペーン

温泉トップ温泉ガイド(栃木県)日光・中禅寺湖・今市>日光湯元温泉

日光湯元温泉

ニッコウユモトオンセン

4.2388件)

19サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる

19サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる
日光湯元温泉

湯ノ湖畔に湧き、レジャースポットとしても人気

奥日光の奥に位置する湯ノ湖のほとりに開けた温泉地。奈良時代に日光開山の祖勝道上人がこの地に温泉を発見したことから始まる名湯。温泉を引いた珍しい温泉寺があり一般の人も入浴が可能だ。環境省が日本全国の中で優れた保健休養の湯として指定する「国民保養温泉地」の第1号指定を受けている。

住所
栃木県日光市湯元
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス湯元温泉行きで1時間25分、湖畔前下車すぐ
営業期間
通年
問い合わせ先
日光市観光協会 日光支部(0288-54-2496)

泉質

源泉の数 23 お湯の色 (乳白色)
お湯のにおい 源泉の飲泉 できません(苦味)
お湯の泉質 硫黄泉(単純硫黄泉ほか)
源泉のpH値 pH6 中性 源泉の温度 50.4〜79.3度

指定歴・受賞歴

おすすめ温泉宿

奥日光高原ホテル

総合評価:4.1点 

奥日光の大自然の中、四季を通して自然とのふれあいを楽しめ、乳白色の天然硫黄温泉・露天風呂でゆっくりおくつろぎいただけます。

1泊9,18045,900円/人

奥日光高原ホテルの詳細・宿泊プランはこちら

奥日光高原ホテル

奥日光ゆの森

総合評価:4.2点 

国民保養温泉地に指定された白濁の源泉湯を全客室に設けた露天風呂と大浴場に引き入れました。四季折々の自然が心と体を優しく癒す通年リゾートです。

1泊25,00038,880円/人

奥日光ゆの森の詳細・宿泊プランはこちら

奥日光ゆの森

日光湯元温泉ゆ宿美や川

総合評価:4.2点 

5部屋だけの無料貸切風呂の和風宿。自家湧出源泉100%掛け流し。明治末からの湯宿。露天風呂2内湯(寝湯)は全て24時間無料貸切

1泊17,28039,960円/人

日光湯元温泉ゆ宿美や川の詳細・宿泊プランはこちら

日光湯元温泉ゆ宿美や川

日光湯元温泉の温泉宿をすべて見る<全22件>

日帰り温泉

観光モデルコース

渓谷美と美肌の湯を堪能する

鬼が怒るように荒々しい流れからその名がついたという説もある鬼怒川。川の歴史がつくり出した渓谷に沿って、個性豊かな湯宿が立ち並ぶ。首都圏から2時間で行ける鬼怒川温泉は、昔から切り傷や皮膚病によく効くといわれてきたが、近年では美肌効果が広く知られ、女性客にも人気の高い北関東の名湯だ。

大人のお湯旅「日光湯元温泉」

大人のお湯旅「鬼怒川温泉」を見る

ピックアップ!クチコミ

10年前に1度行ったことがあるのですが、前回の印象があまりにもよかったので、またいつか行きたいなとの念願がかない今回マイカーを使って行ってきました。湯元温泉にゆくのにイロハ坂を上り、中禅寺湖や、戦場ヶ原などのそばを通ってゆくのですが、10年前となんら変わっていないことにまず感動しました。温泉街に入る手前の湖あたりから、車の窓を閉めていても、硫黄のにおいが漂ってきて、一気に温泉気分が高まりました。温泉街には土産屋や食べ物屋などもほとんどなく、道端には雪も残っており肌寒かったのですが、ここもやはり10年前と全然かわりない光景をみせてくれて嬉しかったです。                                            ほとんどの宿が源泉から直接お湯を入れているとのことで、温泉のお湯には湯の花が浮いてました。温泉はかなり熱めの湯なので、湯船に入るのに苦労しましたが、体の芯から温まるとはまさにこいうことなのかというぐらい、ポカポカに温まった上、しばらく時間を置いてもポカポカしていました。また荒れ気味の肌だったのですが、ツルツルになりました。硫黄のにおいと乳白色の色をしたお湯に感動です。                                                           風呂上りに、温泉街を歩いてブラブラ散策すると小さな湖があったり、湯畑がひっそりとあったり最高に気持ちよかったです。温泉周辺も中禅寺湖や戦場ヶ原などの自然がいっぱいでのんびりした休日を過ごせました。車でいかないととても不便ですがその分とっても静かでいい温泉です。

クチコミをもっと見る<全388件>

【免責事項】
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。
お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。

日光湯元温泉の特選宿(BIGLOBE独自取材)