温泉ガイド福島県南会津(只見・檜枝岐村)木賊温泉岩風呂>クチコミ

木賊温泉岩風呂

トクサオンセンイワブロ

4.213件)

18サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる

18サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる
木賊温泉岩風呂

木賊温泉の奥にある、渓畔の石が浴槽になっている名物露天風呂。ちょっとした屋根が掛けられているが、野趣は満点。川にせり出すように造られていて、秘湯ならではの趣。

住所
福島県南会津郡南会津町湯ノ上
交通
野岩鉄道会津鬼怒川線会津高原尾瀬口駅からタクシーで1時間
東北自動車道西那須野塩原ICから国道400・121・352号、一般道を桧枝岐方面へ74km
TEL
0241-64-5677

木賊温泉岩風呂のクチコミ

4

秘湯感。底の岩の間から温泉が湧き出る、本当の温泉。

ざまきゃんさん  2017/12/18

4

味わい深いナイス温泉

匿名希望さん  2014/01/23

福島県大沼郡金山町大塩にある大塩温泉。鉄分の多い温泉なので白いタオルもすぐ真っ赤になる。でも体の芯から温まるし穏当に落ち着く温泉です。子供のころよく利用していましたしたまに帰省するとすぐ入りに行きます。温泉組合で管理されているので入浴するときは入り口に心ばかりの心遣いを入れてください。この温泉から少し下に川辺に下がると川辺に(只見川から2メートルくらいの高さのところ)露天風呂があります。ただしこの温泉は水位の関係で利用できるのは春から夏にかけて。季節限定の露天風呂です。温泉に入りながら只見川に写る自然の美しさを感じてください。Biglobeのデータには記載がなくすごく残念です。入力できないので地名を変えています。南会津ではなく大沼郡の大塩温泉です。

なべちゃんさん  2009/08/24

南会津の奥深く、川の前にわき出した自然の温泉。 地元の人が屋根や簡易な脱衣所などをしつらえてくれています。 道路を降りてすぐなので、便利です。 お湯に温まったら、川で冷やし、また温まる・・・とゆっくり入れます。 混浴です。 尾瀬や登山の帰りにちょうどいい感じのいやされる温泉です。

rv200zさん  2009/07/29

木賊温泉は、24時間入浴できます。 料金¥500で、混浴です 川沿いにある野趣は満点な存在だと、思います。 足元が、よくない雪のあるときは、注意が必要です。

バードさん  2009/07/21

南会津に渓流釣に行ったときに教えてもらいました。本当に静かで地元の人しか入っていませんでした。湯の花温泉や木賊温泉もいいですよ

りゅうさん  2009/03/22

夏は、川を眺めながらの露天風呂。 冬は、階段に積もった雪をよけながら入りに行く岩風呂。冬場は、周りを囲まれてしまっているので、少し暗めの電球の灯りでお風呂を楽しんでください。 料金は、料金箱に300円入れるだけ。脱衣室は別ですが、混浴です。

さきちゃんさん  2009/02/11

桧枝岐は南会津と言っても会津のどん詰まり。南下すれば道路は終り尾瀬へ通ずる昔の秘境。奥只見湖岸を越後へ抜ける道もあるが難路との噂あり。桧枝岐温泉共同浴場「駒の湯」は透明な湯、浴槽は広く、川に面した露天風呂もゆったり。利用客も多くなくゆっくり入れる。 民宿へ泊まったら割引券を貰った。(500円→300円) 民宿ではサンショウウオのから揚げが出た。 季節には「桧枝岐歌舞伎」上演。名物はたちそば。木工品販売所あり。 東北道・西那須野塩原ICから国道400号、121号、352号と乗り継ぐ。

秘湯大好きオジサンさん  2009/02/10

南会津にある木賊温泉の共同浴場(露天・混浴)です。 木賊と書いて「とくさ」と読みます。 風呂は岩風呂で2槽,簡単な屋根はあるものの,ほとんど露天風呂といった感じです。 混浴で女性の脱衣室が近年設置されました。 すぐ脇は川でお風呂で温まったら裸で川原遊びも最高です。 料金は無人料金箱へ

kさん  2009/02/09

木賊(とくさ)温泉旅館井筒屋の看板から山道を歩いて下り、西根川のほとりにあるひなびた小屋に目的の温泉があります。ここは無人なので料金箱にお金を入れて中に入ります。お風呂は混浴ですが、個室になった女性専用の脱衣場もあります。お風呂は自然の岩の横に造られていて、岩盤の間から源泉が沸いています。湯船は大きな岩をはさんで2つあり、お湯は緑がかった透明で、脱衣場には単純泉と掲示されていますが硫黄の臭いがします。人気のある温泉なので土日には人が多く、できることなら平日にのんびりと浸かるのがおすすめです。

小原大介さん  2008/10/25

1〜10件目(全 13件中)

【免責事項】
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。
お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。